彩都やまもり・大阪支店の春
彩都やまもり・大阪支店から久しぶりに投稿します。
彩都やまもりのある大阪北摂地方も桜が満開に近づいています。
今日はお花見にちょうどいいころなのですが、雨が降っています。
この展示場から見える所で現場が始まりました。
彩都やまもりの道路を挟んだ反対側には桜並木があります。
桜の花の間からその工事現場の工事看板が見えます。
f0073301_16542973.jpg
少し見えにくいですが、「東濃ひのきの家」の看板がちらっとみえます。
この現場の家は大阪支店の展示場でも見ることができるひのきの家、加子母子屋です。
3月30日に上棟式が終わったばかりの現場で、木をふんだんに使った住宅です。
現場の様子は大阪彩都の加子母子屋 現場リポートで見ることができます。

振り返ると大阪支店か見えます。
f0073301_17010864.jpg
加子母子屋の前のウッドデッキでは雨の中、鳥が一休みしていました。
f0073301_17060656.jpg
この雨で彩都やまもり展示場内の草木にも緑が多くなってきました。
春らしくなってきています。

彩都やまもり 大阪支店 鳴海



[PR]
# by npskobe | 2017-04-08 17:19 | 彩都やまもり
木のおもちゃ展 
春の気配を感じ始めた3月上旬、TOKYOSTYLEモデルハウスで木のおもちゃ展 at TOKYOSTYLE木育ひろばを開催しました。
f0073301_1455761.jpg

保育士を経て、現在はおもちゃコンサルタントとしてワークショップの開催やおもちゃの移動販売を手掛ける<出かけるおもちゃ屋>そのつ森の森田幸乃さんによる木のおもちゃの展示会。見るだけでなく、手に取って遊んだり、自分で作ってみたり、色々な楽しみ方のできる展示会です。
f0073301_1444623.jpg

おもちゃの先進国であるドイツの色鮮やかで飾っても楽しめるおもちゃや、北海道や埼玉などその土地土地の木を使い作られた、素朴で見た目にもからだにもやさしいおもちゃなど、木でできたおもちゃが盛りだくさん。みなさん、時間を忘れるくらい、心ゆくまで遊んで、楽しんでいただけたようです。
f0073301_1462645.jpg

f0073301_14242.jpg


週末には、バードコール、指人形、木のスプーン、木の時計をつくるワークショップも開催しました。兄弟や親子、お友達と仲良くトライ!みなさん本当に発想が豊かで、素敵な作品に仕上がりました。
f0073301_142432.jpg

f0073301_1431426.jpg
f0073301_1441810.jpg

f0073301_1434177.jpg

自分で作ったアイテムが日常にある暮らしはいいですね。作るだけでなく、使うことで楽しみが増えるのは、まさにTOKYOSTYLEのコンセプトどおり!と嬉しく感じたイベントでした。

ご来場いただきましたみなさま、そのつ森の森田さん、
ありがとうございました!
次回は6/10にTOKYOSTYLEの庭でキャンドルをつくる
ワークショップを開催予定です。

詳細は後日お知らせします。

東京支店 渡瀬
[PR]
# by npskobe | 2017-03-14 14:15 | 東京支店
庭のお手入れ
2月のよく晴れた朝、TOKYOSTYLEの庭のお手入れをしました。
f0073301_16281385.jpg

この日は、植栽の上にバーク堆肥を敷く作業。
バーク堆肥とは樹木の皮を発酵させて作った土壌改良材で、
雑草、病害虫の発生を防ぎ、土壌流出や水分の蒸発も防ぐ優れものです。
フワフワして湿り気のあるバークを手作業で植栽の根元部分に敷いていきます。

f0073301_1627513.jpg

f0073301_1628559.jpg

f0073301_16291216.jpg

冬の閑散とした庭が、バークの色もあって明るい雰囲気になりました。
これから来る春、そして夏に向けて準備完了です。

その後、頂いた鳥の巣箱を庭のヤマザクラの木に設置しました。
岐阜ご出身で、おもちゃ美術館や地域の木工教室などで木育活動に携わっている三浦さんが、TOKYOSTYLEのために作ってプレゼントしてくださいました。
f0073301_16294764.jpg

スギ材で出来た可愛らしい巣箱で、
シジュウカラくらいの小さな鳥用だそうです。

取り付けには木の生長を妨げないために
伸縮性のある棕櫚(しゅろ)のヒモを使います。

f0073301_1630580.jpg

モデルハウス周辺は緑が少ないためか、様々な植栽のあるモデルハウスの庭には
色々な鳥が遊びにきます。ちょうど3月に開催する木のおもちゃ展で
バードコールをつくるワークショップがあるため、
その頃までに訪れてくれるのを期待しています。

東京支店 渡瀬
[PR]
# by npskobe | 2017-02-28 16:40 | 東京支店
お菓子教室集大成!
昨年夏よりTOKYOSTYLEで開催してきたシュガーアートのお菓子教室。

夏休み、ハロウィン、クリスマス、お正月とやってきて、
いよいよ今シーズン最後となるバレンタインお菓子教室を開催しました。

f0073301_14225931.jpg


今回は、食べると中からハートが出てくるハートのクッキーポップスに挑戦!
2枚に重ねたハート型のクッキーの中に、ハートや星形のカラフルシュガーを
散りばめて、サプライズなクッキーを作ります。

まずは粘土状のシュガーペーストを捏ねて、クッキーに乗せるハートの型を作ります。今回はイチゴフレーバーのローズとピンクのシュガーペーストを使いました。マスキングテープで彩られたポップスをつけて、土台が完成。

f0073301_14242478.jpg


f0073301_14252410.jpg


土台が完成したら、上にかぶせるクッキーにアイシング(クリーム状の砂糖ペースト)を接着剤代わりに使って、ココナッツパウダーやハートやリボン、星形のカラフルシュガーで思い思いにデコレーションしていきます。お母さんと娘さん、親子で仲良く相談しながら、可愛くデコレーションしていきます。

f0073301_14262645.jpg


仕上げに、クッキーの間にカラフルシュガーを散りばめ、2つのクッキーをアイシングでくっつければ、完成!

f0073301_14271919.jpg


愛情がたっぷり詰まったかわいらしいクッキーポップスが完成しました。

f0073301_14275851.jpg

お菓子教室で恒例となっているのが、かしものおやつタイムです。
これまで、トマトジュースに朴葉ずし、よもぎ大福など加子母の美味しいものを召し上がっていただきました。今回は、加子母のブルーベリージャムをヨーグルトに掛けて、堪能していただきました。

シュガーアートというと、難しそう、準備が大変そうと思われがちですが、
講師の伊藤先生が優しく教えてくださるので、気軽に楽しんで頂けます。
私も何度か体験させてもらいましたが、見てるのと実際にやるのとでは
全然違い、シュガーペーストを捏ねる楽しさや、悩み、没頭しながら
デコレーションしていく過程は、まさに心がワクワクするものです。

次回は少し間が空き、10月のハロウィンお菓子教室の開催となりますが、
来期もたくさんの方にご参加頂けるのを楽しみにしています。

東京支店 渡瀬 
[PR]
# by npskobe | 2017-02-20 14:33 | 東京支店
サンパウロのジャパン・ハウスの現場が現地のニュースで紹介されています。

[PR]
# by npskobe | 2017-01-11 09:03