<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
「中島のコンセプト」
2007.08.27(月)

中島の家つくり、丸子君がブログで言うように、私も同感です。
故郷を思う職人がその思いで家をつくり、木の良さを伝え、その香りで懐かしさや
癒やしをお客様は感じる。そういった家つくりがやはり大切だと思います。
家は単に快適さを求めた機能重視の家がそれでなく、私たちの目指す家は、
その家自体が故郷となる様な家をつくる。これだと思います。

先日、名古屋のS建設を見学してきました。「すごい!」の一言です。
全てが確立されていました。NETをフルに活用し、家つくりのマニュアルが
完全に整備してあります。なによりもそれは、S建設のコンセプトがしっかり
浸透しているからこそ成り立っているのだと思いました。

「中島のコンセプト」一言でいえば何だろう?
木と土と石と、産直住宅、東濃ひのきの家・・・恥ずかしい話し、一杯出てきます。
しかし、どれも間違いではありません。よくよく考え、ようやく出ました。
やはり、「「地球に生きる」」です。

待ちに待った春が来て山に里に緑が芽吹き花が咲く。
田植えがすむと、むしむしと暑い梅雨。生き物はこの時とばかり養分を吸って
精一杯に育つ。
暑い夏を抜けると、実りの秋、枝もたわわに実をつけて豊作に感謝する。
すると、すぐに長い冬がくる。雪の重さに耐えて修行の冬がくる。
この偉大な自然の営みの中で、道をつけ、土地を拓き、水を引き、家を建て、
そこに身を寄せあって生きていく人達の文化を創り、ゆっくりとじっくりと、
この地球に生きてゆこうと思う。
                                 当社 会社案内 より

こんな自然(地球)を忘れることなく、その中で良い家をつくりたいと思います。

                                  大阪彩都営業所 今井清隆
by npskobe | 2007-08-27 22:20
夏の終わりに
平成19年8月22日(水)
夏の風物詩に甲子園の高校野球があります。今年は8月8日に始まり、今日終りました。
残暑厳しい中、甲子園の試合が終ると夏が終ったような気がします。

今年は私の郷里である広島県代表の広陵が善戦し準優勝しました。最近ではプロ野球の広島東洋カープも戦績があまりパッとしない中、スポーツ関係では郷里に久々に明るい話題となりました。

郷土を離れて暮らしていると、普段感じなかったことがわかります。地元意識の強さ。甲子園の高校野球でも広島カープの試合でも他の地域での広島人の応援の風景はまさに「広島県人会」がそこにあるかのような雰囲気です。郷土への思いが感じられます。

先日、東濃のひのきの家ふるさとまつりに触れて「加子母はふるさと」と題名したブログがありました。祭りを通して中島工務店で家を建てていただいた御施主様中心に加子母で夏祭りを楽しんでもらおうとしたものでした。都会に暮らす人たちにとって、田舎に触れて感じることはとても有意義なことであったと思います。                                              

誰でも田舎や故郷(ふるさと)に懐かしい思いや癒される感じを受けることがあるでしょう。当社の地元の東濃桧を使って岐阜の職人たちが造る家に人々の思い、木の良さ、そして、故郷の薫りが実感できればさいわいです。

                                       神戸支店 丸子健士
by npskobe | 2007-08-22 18:31
平成の改修工事
平成19年8月4日(土)
昨年の夏より改修工事をおこなっている大阪の寺院の本堂の外部足場がようやく解体できました。建物を1mジャッキアップして基礎を打ち替え、屋根瓦、漆喰壁も新しくしました。
f0073301_14354166.jpg

ようやく現われた本堂外観

このお寺の創建は寛延3年(1751年)で、昭和12年に大改修がおこなわれ、今に至っています。昭和の改修がおこなわれて今年で70年が経ちます。今回は平成の改修ということで、これから50年100年と本堂が維持できるように最後まで気を抜かずに工事を施工したいと思います。
                                      神戸支店  丸子健士
by npskobe | 2007-08-04 14:44