人気ブログランキング | 話題のタグを見る
さざれ石
 「リレーブログの番が来たで、また頼むわ!」 工場長からの一言で、何を書こうかと頭を悩ませているコンクリート工場 試験係Sです。

 前回は、コンクリートとは無関係なブログを書きましたが、仕事に関わることを書いている方が多いようなので、今回はコンクリートに関わる話しにします。

 

 「さざれ石」って、どんな石かご存じでしょうか?

 国歌にも出てくるこの「さざれ石」は、小さい砂利がたくさん集まり固まってひとつになっている石のことです。
さざれ石_f0073301_13262572.jpg


  Wikipediaでは、こう説明されています。

 【さざれ石(細石、さざれいし)は、小さな石の欠片の集まりが炭酸カルシウム(CaCO3)などにより埋められ、1つの大きな石の塊に変化したもので 「石灰質角れき岩」 と呼ばれる。
石灰岩が雨水で溶解し、石灰質の作用により、小石がコンクリート状に凝結して固まってできたものである。日本では滋賀県・岐阜県境の伊吹山が主要産地である。】

 



 コンクリート雑誌のどこかに、天然のコンクリートとして「さざれ石」の紹介があり、不思議な石だな~と興味を持ち、いろいろ調べてみたところ、岐阜県揖斐川町春日には君が代の由来となったといわれるさざれ石があり、そのさざれ石は岐阜県の天然記念物に指定されていること、さざれ石とその周囲には「さざれ石公園」が設けられていることが判りました。


 国歌に出てくる「さざれ石」。調べてみたら岐阜県産ということで、なんだか少し嬉しくなりました。

                                  コンクリート工場  試験係S
 

 
by npskobe | 2008-11-01 13:48 | その他
<< いってきました! 都会の光と影・・・ >>