茅葺屋根の修理中
竹林寺はいま茅葺屋根の小屋組みを修理してます。昔、家の中でご飯を炊いたりしていた時の煙のすすで全てが真っ黒になっているので、大工さんも真っ黒になりながら作業をしてます。小屋組みはおだち鳥居組といって、茅葺屋根の民家に古くからよく使われる二つの形式のうちの一つで建てられているようです。もう一つは叉首組(さすぐみ)と呼ばれます。写真は茅葺屋根に付いていたきつね格子を取外している所と、おだち鳥居組の内部です。
f0073301_2028891.jpg
f0073301_2028272.jpg

[PR]
by npskobe | 2007-03-23 20:29
<< 春眠暁を覚えず 他人事 >>