薪割り講習
今週のTOKYOSTYLEは建築を学ぶ学生さんがインターンシップで来ていて、
賑やかさが増しています。
f0073301_11374904.jpg
インターン1週目は、現場監督と現場に出て建て方の様子を見学したり、
TOKYOSTYLEではこれから工事の始まる物件の模型を作ったりと
工務店の仕事を幅広く経験してもらっています。

よく晴れたある日、インターン生も我々スタッフも薪割り未経験ということで、
加子母出身のスタッフから薪割りのレクチャーを受けました。
f0073301_11370488.jpg
現場で出る木端類は鉈を使って、薪は斧で割っていきます。
鉈も斧も想像以上に重く、コントロールするのがとても大変!
f0073301_11380418.jpg
この重さを利用して木材を割っていきますが、
怪我をしないかヒヤヒヤ、腰が引けながらの薪割りデビューとなりました。
f0073301_11390543.jpg
f0073301_11382927.jpg
加子母出身のスタッフは子どもの頃からやっているとあり、
軽々と薪を割っていきます。
「カーン、カーン」とこだまする薪割りの音はとても都心にいるとは思えない
非日常感があり、一瞬自然の中にいるようなそんな気分になりました。

自然の恵みに感謝して、春が来るまでもうしばらく薪ストーブ生活を
楽しみたいと思います。

東京支店 渡瀬














[PR]
by npskobe | 2018-02-10 13:30 | 東京支店
<< 熊谷守一展@東京国立近代美術館 改めてスタート >>