人気ブログランキング | 話題のタグを見る
天然スレート
平成18年5月22日(月)

先日、5月16日に竹林寺修復工事での材料検査に行きました。屋根材の茅検査については鷲見支店長から写真付の説明がありましたので省略します。

茅検査のあとに少し時間があったので、宮城県石巻市の雄勝というところに、天然スレート材の見学に行きました。

天然スレート材とはご存知でしょうか?住宅などの屋根材にスレート材を良く使われますが、それは化学製品です。その材料との差別化のために、天然スレートと名が付けられてます。原料の地質学的名称は、玄昌岩です。

明治時代、雄勝の港から、天然スレートが神戸に運ばれ、洋館の屋根材として、利用されていたみたいです。東北の港町から神戸と不思議なつながりを感じました。

今回、見学した天然スレート加工場の横には、大正モダニズムと感じる建物もあり、やはり、神戸の異人館の共通するものがありました。ちなみに、来年からの東京駅を創業当時に復元する工事にも、屋根材に雄勝の天然スレート材が使われる予定みたいです。

                                  神戸支店  丸子 健士
by npskobe | 2006-05-22 18:20
<< 彩都 S邸 上棟式 >>