人気ブログランキング | 話題のタグを見る
「家つくり寺子屋」について
暗中模索の中行いました、第一回家つくり寺子屋でしたが、ご参加された皆様はどう思われたか・・・、反省しきりです。
 ・2時間では短くて説明しきれない? いやちょうどいいぐらいの時間だった?
 ・最後にお客様のアンケートをいただき今後の反省につなげよう。
 ・もっとやさしい内容にすると同時に、どこを知りたいかポイントをつかむ。
 ・QアンドAのようにして、 もっと参加型にしよう
 ・講義のようなことは、そこそこに現場での時間を長くしよう
                                              等々
                               回ごとに改善してまいります。
この寺子屋は、中島工務店の良い所も、悪いところもまた社員の気性や性格もすべてお客様に見て、感じていただいて総合的に判断していただく行事だと思います。
また、現場担当者にとっては常日頃からの現場管理の徹底をますます意識させられる思いです。
今回は、われわれの1番得意とする施工分野での体感していただく行事で、お客様とふれあいの中楽しくやらせていただきました。有難うございました。
またのご参加をお願いいたします。

再び 田舎のこころ について
私の田舎は高知県香美郡赤岡町で、日本で一番小さな町です。4月29日には「どろめ祭り」-お酒の早飲み大会ーが行われます。また絵金で有名な町です。「どろめ」とはちりめんじゃこの生のことで、これをあてにお酒を飲むのです。(おじゃこは赤岡駅 横海側の三浦屋で)・・・
これは田舎のこころでなく故郷の話になってしまいました。
田舎の心についてはひきつづき考えていきたいと思います。
                                               江崎登夫
by npskobe | 2006-03-07 15:59 | イベント
<< 「時がたつのが早い」 今日は加子母 >>