<   2017年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
塗装メンテナンス@TOKYOSTYLE

まだまだ汗ばむ陽気の9月末、竣工から18か月が経過した

TOKYOSTYLEモデルハウスの外部木部の塗装メンテナンスを行いました。


f0073301_13313682.jpg

今回は1Fウッドデッキと外構周囲の木塀の塗り替えです。

塗装の2日くらい前までに下準備として塗装部分の汚れをブラシと水で落とし、

完全に乾燥してから塗装します。

今回は塗り替えなので、塗装は1回で完了です。

(※製品によって塗装回数は異なりますので説明書を参考にしてください。)

塗料はドイツの自然塗料メーカー・オスモ社の屋外用塗料で防カビ、

防腐性能のあるウッドステインプロテクターを使用しました。

f0073301_13315367.jpg

最初に、照明や金具の部分をマスキングテープやマスカー(養生用の

ポリシートとマスキングテープが一緒になったもの)などで養生します。

次は塗料の準備。トレイに塗料を開ける前に、

塗料の缶をよく振って中身が均一になるように撹拌します。

f0073301_13310619.jpg

この日は汚れ、蚊、日焼け対策で、長袖・帽子を着用し、いざ塗装です!

木目に沿って、コテバケで一気に塗っていきます。

塗っている途中で息をつくと、そのほんのわずかな動きも塗りムラになるので、

一列ずつ、呼吸を止めてコテバケに均等に力が入るように塗っていきます。

ゆっくりと、でも勢いをつけながら丁寧に塗っていきます。

f0073301_13324864.jpg

広範囲を塗装するときは主にコテバケを使い、

塗りにくい隙間などには「ベンダー」と言われるハケを使います。

f0073301_13341696.jpg
f0073301_13330944.jpg

4人で分担して、集中して作業すること2時間、一通り塗装が完了、

見違えるほどキレイになりました。

塗り終わった頃にはもう乾き始めていました。

完全に乾燥するまで34時間はそのままにしておきます。

f0073301_13333109.jpg

塗装後の後片付けも大切です。

ハケやトレイに残った塗料は、新聞紙やウエスで拭き取ります。

取れない場合はうすめ液を使って取り除きます

塗料や使用した新聞紙、ウエスは自然発火の恐れがあるため、

水に浸してから処分します。

これで塗装メンテナンス終了です。

f0073301_13334894.jpg

劣化具合にも寄りますが、23年(デッキ部分)を目安に塗り替えをします。

雨が降った後はワイパーで水気を取り除いたり、汚れが目立ってきたら小まめに

掃除するようにして、長く持つように日々のお手入れを心掛けたいと思います。


東京支店 渡瀬
[PR]
by npskobe | 2017-10-22 13:44 | 東京支店