<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
夏休みの思い出
 まだまだ暑い日が続きます
夏休みも終わりましたが夏は終わったのでしょうか?
夏の定義は人それぞれでしょうが私の場合は夏休みが終わった時点(8月15日)なののですが・・・
8月も終わりますし今回はこの宿題(リレーブログ)をもって夏の終わりにしようかと思います

という事で夏休みの思い出を一つ!

ハイ! こちら ↓

f0073301_9381415.jpg


日清カップヌードルミュージアム!(横浜)
カップヌードルだけでミュージアムが出来るのか?
いえいえチキンラーメンもあります(笑)
内部には歴代のインスタントラーメンが並び
日清創業者安藤百福さんがチキンラーメンやカップヌードルをいかに発明されたか
発明発見の大切さが学べるようになっています。
が、私達家族の目的はこちら

f0073301_10134554.jpg


マイカップヌードルファクトリー!!
朝から30分ほど並び
お昼近くの整理券をゲットし
¥300でカップを買い
そのカップに好きな落書きをし
中身のスープと具を選択し
自分だけのオリジナルカップヌードルを作るのです。

f0073301_10202624.jpg
f0073301_10205221.jpg


残念ながら麺は選べません
スープはカレー、シーフード、チリトマト、ごくごく普通(カップヌードル)の4種類から
具は12種類のうちから4種類を選べます

出来上がったのがこちら ↓
f0073301_10224915.jpg


最後はビニール袋に入れて自分で膨らませて密閉して世界に一つだけのカップヌードルの出来上がりです。
賞味期限は1か月とされてます。
待ち時間や落書きの時間を除けば10分もかからない工程ですが“一つだけ”が手に入るのでなかなか楽しかったです。

ちなみにチキンラーメンもオリジナルを作る事ができます!
(予約制です)

by komini 名古屋支店  2012年8月31日
[PR]
by npskobe | 2012-08-31 10:41 | その他
夏休みなんか・・・ ε-(´・_・`)ハァ・・
お盆が過ぎましたが、まだまだ暑い日が続きますね。
さて、ブログの順番が廻ってきました、いろいろ考えては見ているのですが一考に思いつきません、困りました・・・ ゥ──σ(・´ω・`;)──ン

 現在私は、蛭川中学校の大規模改修工事を唐沢さんと行っています、夏休み期間中に1部を完成させ使えるようにしなくてはいけなく、現場は戦争状態です。そんなこんなで、来週の27日よりいよいよ2学期がはじまります。工事も何とか間に合いそうです。 (∩´∀`)∩バンザ──イ
 
 この現場が始まってから1ヶ月がたちます、当たり前ですが学校の夏休みと同じ時期の工事だったのですが、当然家の子も夏休みで、当たり前のようにどこかに行きたいと言っていました。しかし私は休みがない為何処にも連れて行ってあげられない訳で、娘は プンスコo(`ω´*)oプンスコ 嫁さんは子供がかわいそうだといってきます。

 話は飛びますが、今年結婚10周年なんです。 v(o゚ェ゚o)ピーチュ そこで前々から今年中に旅行に行くことにしてるんです。場所はまだ決ってませんが、それをネタに夏休み中はなんとか我慢してもらってます。
 
 親馬鹿ですが、一つ心配しているのは、学校に行き始めて友達と夏休みの話になると悲しい思いをするのかなーと、こうなると旅行は絶対に行かなきゃですね。 (笑´∀`)ヶラヶラ
[PR]
by npskobe | 2012-08-22 20:19
挑戦
突然ですが、大江千里というミュージシャンを覚えていますか?
僕の中で、ヒット曲はすぐに出てこないのですが、ピアノを弾きながら歌っていた
イメージは残っています。

1983年にデビュー、2007年に活動を休止し、翌年から単身渡米していたそうです。
そんな彼が、今年の7月にジャズピアニストとして全米デビューしました。
日本でも9月に再デビューするそうです。

ジャズ発祥の地で挑戦することは、とても大変なことだったと思います。
スポーツ選手が海外で挑戦するのとは少し違い、日本での実績を全て捨て
また1から新たなフィールドでスタートを切ったわけですから。



先日、お店を経営している方とお話する機会がありました。
借金をして始めたお店が軌道に乗り、それをすべて返済し終わったと同時に
新たな夢が生まれた。
だからお店を閉めて、次の夢に向かってまた勉強する、とおっしゃっていました。

新たな夢が生まれることはあるにしても、軌道に乗り始めたところで
それをやめてまで次に向かう。
その方の希望に満ち溢れた目、発せられる言葉から、とてつもないパワーを感じました。

挑戦することは大変なことですが、あきらめることは容易なことです。
それをするかしないかは、自分自身が決めるのです。

僕もフィールドは違いますが、挑戦し続ける気持ちを絶やさぬよう
生きていきたいと思いました。

営業部 中川洋介
[PR]
by npskobe | 2012-08-04 10:04 | 本社