<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
パソコンの周辺機器
ここ十数年で建築業界にはパソコンが目まぐるしく普及してきました。


以前のようにドラフターや製図板を駆使して図面を引くことは、社寺関係の図面・建築士試験の課題以外ではあまり見られなくなったと言われています。

自らホルダーや製図ペンを持ち図面を引いていた方々は、時代の流れとともに移り変わる図面制作方法に四苦八苦したのではないでしょうか。



パソコンと一言に言いましたが、ソレには画面があり・キーボードがあり・ACがあり・マウスがあります。今回は本体ではなく私たちがもっともよく使用するキーボードとマウスに着目したお話です。



まずはキーボード。

キーボードには簡単に2つの種類があります。

「キーが薄型のタイプ」と「キーが厚型のタイプ」です。

ノートパソコンに愛着のある人は薄型のキータイプを好んで使用する方が多く、デスクトップパソコンに愛着のある人は厚型のキータイプを好んで使用する傾向にあるようです。
使用者に理由を聞いてみると「薄型はキーを打った感じがしない」「厚型はキーが打ちにくい」という意見が多いようですね。

f0073301_13394692.jpgf0073301_13395767.jpg



また、最近では今までのカタチにとらわれない自由なデザインのモノも多く販売されています。薄型を通りこしてフルフラットなタッチパネルタイプも登場したり、全面シリコンタイプの信じられないキーボードも存在します。現在でも着実に新しいものが作られているようですね。

ちなみに参考までにですが、一番したの不思議な形のキーボードの価格は十二万円です。パソコンが1台買えてしまう驚愕のお値段ですね・・・。


f0073301_1347695.jpgf0073301_13471639.jpgf0073301_13472555.jpg



続いてマウス。

CADを使う私たちには無くてはならないアイテムです。

現在では有線タイプと無線タイプが主になっていますね。
光学式が一般的となった昨今ですが、ほんの数年前はボールタイプが一般的でした。しかしながら、光学式の登場と同時に一気に市場が縮小してしまい、こだわりを持っている一部のユーザーが使用しているのが現状です。


有線タイプと無線タイプでは各々長所短所があります。


有線タイプは価格が安く本体が軽いのが特徴。電力はパソコンから供給されるので電池を必要とせず、大きさを自由に設計できるのも利点です。ランニングコストもごくわずかと経済的。
短所としてはコードが邪魔となる・断線すると使用できなくなる。


無線タイプは文字通りコードが無いので断線の心配がなく、USB端末との距離を気にする必要もありません。また持ち運びも容易でコードが絡まるなどのイライラもありません。
短所としては電池式なので本体が重い・電池代が掛る・故障しやすい・環境によってマウスが利きにくくなる。


これは友人の受け売りですが、無線だと飛行機などでは使用できないようです(電波製品の使用を制限しているため)



↓これは私が実際に使用しているマウス達です。
私は左利きなので、左右対称の商品以外は使いづらいです。左利きの辛い所ですね;


f0073301_13215314.jpg



故障を考慮してマウスはすべて有線タイプと決めています。
サイズは手が大きいのでLからLLのモノを選びます。使いやすさの観点から言えば、マウスの大きさはとても重要です。
しかしながらそこは万能な人間ですので使っていくうちに順応してしまいます。

左から2番目のマウスは若干値の張る物で、マウスに短縮キー機能が付いています。パソコンで設定することにより、そこにキーの機能を付属することができます。機能性を重視した多機能マウスですね。


長文となりましたが、興味をもたれた方はお手すきの際に家電量販店に足を運んでみてはいかがでしょう?きっと貴方の理想のモノが見つかるでしょう!



                                    関東社寺 青二才
[PR]
by npskobe | 2012-03-19 14:30 | その他
木三学 実大火災実験
先月22日に史上初で史上最大の木造三階建て学校校舎(通称:木三学(もくさんがく))
の火災実験が行われました。

f0073301_21183180.jpg


国産材の需要促進の一環で従来は耐火建築物とする事が義務付けられている
3階建ての学校を準耐火建築物での建築が可能となるよう実大規模の火災実験
で検証を行うものです。

実施関連のプレス発表:(すでに申込は終了しております)
http://www.nilim.go.jp/lab/bcg/kisya/journal/kisya20120126.pdf

今回は予備実験としての基礎データを採取するのが目的です。
中島工務店では試験体の建設準備と当日の会場整理にあたりました。

実験前20日のリハーサルの様子です。

f0073301_21195425.jpg


集成材の柱と梁、板張りの壁、全て「現し」の在来棟。
鉄筋コンクリートの校舎にはない、温かみがあります。

f0073301_2123632.jpg


セッコウボード張りの2×4の教室。
可燃物を想定した杉材の井桁が結構な高さで積まれています。

f0073301_2127645.jpg


がっしりしたからまつ集成柱が校舎を支えています。

f0073301_21283296.jpg


床はムクの杉板です。素足でも温かい感触。

f0073301_21314284.jpg


三階の小屋裏天井も板貼りが露出しています。


---

実験当日の朝は曇空でじっとしていると寒い気温の中、午前9時、実験開始。

f0073301_21395230.jpg


出火場所の職員室給湯室に着火。数分で煙が立ち上りました。

f0073301_2141382.jpg


30分ほどで大きな火炎が吹き出しました。

f0073301_21434268.jpg


実験開始から60分でほぼ最大の延焼状況。50m以上離れていても熱い。

朝の寒さは吹き飛んでしまいました。

普段はこれほどの火災現場に居合わせることは滅多にありません。
火炎の熱がものすごい勢いです。輻射熱の怖さを身をもって感じました。

f0073301_21591846.jpg



建設にあたった杉山所長、関東地区社員のみなさん、お疲れさまでした。


日本には古くから木造建築が脈々と受け継がれてきた歴史があります。

木の文化と匠の技が継承していけるように現代技術で切り拓く公共建築の実験は

第一段階がようやく済んだところでしょうか。

この検証データを基にひとにやさしい木質感のある安全快適な校舎が実現する

ことを期待します。


                                 東京支店 吉澤
[PR]
by npskobe | 2012-03-10 23:07 | 東京支店
せんべい
f0073301_18462374.jpg

やっと見本のせんべいができてきました・・・・どうですか?
僕のデザインした 加子母のマークが  かわいいですね(テレ)
ちょっと百合のつもりが?かたくりの花に見えるのは僕だけ・・・
でも なかなかいい感じにできあがりました。
販売までにはもう少し時間がかかりますが、楽しみにしてくださいね!!
せんべいの本場八百津のせんべい 日の丸製菓さんに依頼をして作りました
近日デビュー また何かいろんなアイデアがあったら教えてください。
加子母アトラ スパー生鮮館 でした
[PR]
by npskobe | 2012-03-09 18:59
心機一転
皆様こんにちは。名古屋支店、建築部奥村晃弘です。
今年の2月20に名古屋支店に転勤となり早いもので3週間目となりました。

名古屋支店の様子です。小林さんが一人黙々と仕事をされている中フラッシュ付の撮影です。(お邪魔しました。)席は東面から撮影し、右奥から曽我さん、小林さん、左奥から私、今井さん、栗原さんです。
f0073301_104523.jpg

西面からの撮影で、右奥が小南支店長となっております。
f0073301_1085534.jpg

新しい環境となり、心機一転!!がんばります。まだまだ未熟者ですが、どうぞよろしくお願い致します。
                                       
                                        名古屋支店
[PR]
by npskobe | 2012-03-05 10:41 | 名古屋支店