<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
代筆失礼しますm(_ _)m
はじめまして。 

田口卓夫の娘のMです。今回、リレーブログの順番が回ってきたそうですが父に代わりこの私が代筆させていただきます。

 私自身プライベートで携帯ブログを書いているので、ブログの勝手はわかっているつもりでしたが、やはり携帯とパソコンとでは使い勝手が違いますね。パソコンはすごく苦手なのですよ。おせっかいなくらい予測変換のでてくる携帯の方が私の性に合いますね・・・。
 普段は (*´ω`*) とか顔文字をたくさん使用していますが、今回は会社のホームページということもあり少々遠慮気味に書きます(笑)慣れないパソコンなので多少の誤字脱字は大目に見てくださいね。





     *今回私が選んだテーマは「家づくりへの想い」です*

 私は中島工務店の社員ではないうえに、建設の知識もありません。だから今回はあくまで「消費者」としての意見を書きます。私の勝手な意見ですのでそれをふまえたうえでお楽しみ下さい。

 この2~3日ですっかり加子母も寒くなりましたね。つい一週間前は暑い暑いと言っていたのに・・・。こういう時は木で出来た家に住んでいて良かったなと思います。こんなことを言うとお世辞みたいですが、実際に木で出来た建物ってとても暖かいんですよ(私は加子母の今の新しい木製校舎で小学校時代を過ごしましたが、鉄筋ばかりの中学校よりも暖かかったと思います)
 だからこそ私は今の家を建てる際、木をメインにした家を希望したのです。


 今住んでいる家はほぼ私の意向を反映されて作られました(`・ω・´)
私は昔から陶芸などものを作るのが大好きですし、モデルハウスなどの見学が大好きです。4年前に家を新築する際は、その、言わば「物作り大好き精神」をフルに活かし、最前線で家の建築に参加しました。「家」なんていう大きな買い物なんてめったにできないんですから、自分の意見をたくさんとりいれてもらいました。コンセプトは「秘密基地のような家」です(//∀//)



 まず、押入れをたくさんつけること。収納は多いにこしたことはありませんし、押入れでかくれんぼができます(^こ^)こどもの時、かくれんぼをしていて「押入れがたくさんあるといいな」と思ったのが理由です。
 
 リビングをぶち抜きにして、天井にシーリングファンをつけること。小学校にあったシーリングファンに密かに憧れていたのです。天井が高いと開放感がありますが熱がたまるので、シーリングファンが冷やしてくれるのです。

 屋根裏をつくること。リビングの関係で屋根裏が出来ました。更に私の希望でリビングに通じる小窓もついています。小さいころから屋根裏にも多大な憧れをいだいていたので、有効活用しようと思いましたが今では物置になっています(笑)

 光る天井をつけること。暗くなると天井の壁紙の模様が光るのです。私の部屋は壁紙の月や星の模様が光ります。姉の壁紙は爽やかな青空模様なんですが、暗くなった時、妙な縞模様が浮かび上がります。正直不気味です。製作者は一体どういうつもりでこんなデザインにしたんでしょうね?

 ロフトをつけること。これもリホーム番組を見るたびに憧れていました。いかにも自分だけの秘密の場所って感じでどう模様替えをしようか考えるのがとても楽しいです。

 そしてこれが私の、「秘密基地」コンセプトの最大の目標隠し通路をつけること。これはさすがに無理かな~と思いましたが設計士さんも建築士さんも見事形にしてくれました!!





 長々と変な家自慢(?)をすいません。
 つまり何が言いたかったと言いますと・・・・・・家というのはただ「住む」というものではなく、「楽しむ」というものでもあるということです。私の場合はちょっと、いやかなり極端ですが、それが大きく出たといえます。
 家は一番落ち着ける環境であると同時に長く付き合っていかなければなりません。だからこそ、自分の納得のいく家に住みたいですよね。それはちょうど恋愛ににています。長く付き合うことを考えたら・・・(笑)

 だから設計士さんや建築士さんにはただ家をつくるだけではなく、そういう依頼者の気持ちや意図を酌んで設計や建築をしてもらいたいと思っています。
 消費者の方はとにかくいろいろな家を見ること。その家の良いところはどんどん取り入れてもらいましょう。



 家を作る機会がありましたら、ぜひ自分の好きなものや企みを取り入れてもらいましょう。
中島工務店さんはきっとあなたの予想通りにつくってくれますよ(*^∀^)/


 こんな感じでいいでしょうか??
慣れないパソコンに四苦八苦でした。
それでは失礼します(・∀・)ノシ



私の家の隠し通路が知りたいですか?
残念ながら教えられません。
隠し通路ですから
[PR]
by npskobe | 2008-09-27 21:47 | 家づくりへの想い
芦屋の車窓から

 JR神戸線に乗り芦屋駅~西宮駅の間でその光景に出逢います。
 
 車内から見上げる様にして山側を眺めていると建築現場が視界に入り、その看板シートには「東濃ひのきの家」「地球に生きる」 ㈱中島工務店とあります。
 
 看板シートが外れるまで、約1ヶ月程あります。近くでJRに乗られる方は少し気にかけて頂けると大変嬉しいです。
 
 当社H.P内の「現場リポート」でも紹介させて頂いています↓
http://www.npsg.co.jp/residences/reports/index.html
こちらも是非ご覧下さい。

  
                                     神戸支店   中島 創造 

 
 お次は、本社 土木・舗装部のブログです。楽しみにしています!!
f0073301_2236712.jpg

[PR]
by npskobe | 2008-09-26 22:42 | その他
半年。
9月17日

はじめまして、今年3月に入社しました。

入社して早半年かぁ・・・と思って考えてみたら、実は”9月17日”は、加子母に引っ越して
ちょうど半年の日でした。

仕事の面ではいろんな方にお世話になりつつ助けてもらいつつですが、
周りの方々によくして頂いて毎日楽しく働かせてもらってます。

最近は一人暮らしにも慣れ、皆さんが野菜を分けてくれるおかげでなんとか自炊もしてます。
今年はピーマンとトマトがすごくおいしく感じて、本当に毎日食べてました☆
いつもありがとうございます!

私の実家も、山と川に囲まれていて・・・というような場所でしたが、そんな田舎具合が好きだったので、加子母に来てからも日常生活の面で困ったことは特になく・・・それどころか、自然いっぱいで癒されてます。

この夏は川沿いの蛍がいっぱい見えるスポットに連れて行ってもらったり、
付知の渓谷や乙女渓谷に散歩に行ったりで、加子母の夏は湿気がなく過ごしやすかったですが、川のそばの木陰はやっぱり気持ちよかったです!

という感じで半年は本当にあっっっという間に過ぎて、だんだん夜は寒い位になってきましたが、これからの季節におススメのスポットがあれば是非教えてほしいです☆

 いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします!!

                        本社 建築部
                           
[PR]
by npskobe | 2008-09-17 23:10 | 加子母
はじめまして。

今年の3月まで、ずーっと名古屋に住んでおりましたが、
とうとう実家(下呂市)に帰ってきてしまいました。

人生の半分以上が名古屋なので、こちらの事はまったくわかりません。

これからやってくる厳しい冬も乗り越えられるか・・・非常に不安です。
きっと仕事中は、もこもこに着込んで「だるま」のようになっているでしょう。
本社に来られた際には、びっくりされるのではないでしょうか。。。きっと。。。


話は変わりまして・・・・

こちらに帰って来てからの5ヶ月間・・・スポーツを全くやっておりません。

2年前から、テニス(硬式です)を始め、スクールに通い、サークルに入り、
週に3日はテニスざんまいでした。
こちらに来る前に、スクールやサークルなど調べてみたのですが、
それらしきものはさっぱり見つからず・・・・・・・・・・・・。


いろいろストレスも溜まりかけているので、何とか再開したいのですが、
もし、どなたか情報ございましたら、ぜひ!!!教えて下さい。

あ、あとゴルフも再開しかけて止まっているので・・・・・。


ストレス発散には、スポーツが一番!!!!
なんせ「アラフォー」ですから・・・若い子には負けてられません!!!!!
バブルを生きたオンナは強いのですよ。

え?! 誰ですか? 「老体にムチ打って、、」なんて思ったのは!
そんな事思った人・・・夢に出てやるから<`ヘ´>


☆yo-ko☆
[PR]
by npskobe | 2008-09-12 18:01
9.11
2000.9.10

彩都の筒井さんも書いていらっしゃいましたが、私も最近頻発したゲリラ雨について。

我が家は山をしょってるような場所に建っていて、雨が降るたびに山が崩れるんじゃないかと恐怖におののきます。

正しくは恐怖におののくのはお母さんだけなんですけど。
なんでも以前、大雨の際に山から大量の水がまるで滝のように流れてきたらしく(多少の脚色はあり)、それ以来怖くて仕方ないのだとか。
先日の豪雨の時も、怖くて眠れないということで、貴重品を持って車で寝た程(本当の話)

他の家族はそれほどでもなく、雨や川の音でうるさくはありましたが、最終的には眠れました。

こんな豪雨に見舞われると思い出すのが8年前の東海豪雨です。
その当時私はまさしく豪雨の真っ只中、一宮近郊に住んでおり、某製パン会社にて働いておりました。
雨が降り出した時、まさかあんな大災害?になろうとは露知らず、夕方頃に出かけたはいいものの、帰ろうとする頃には道路は川と化していました。
町はあれですね、水がはけていく場所がないのですね。水路からあふれた水が道路を流れ、道脇には動かなくなってしまった車があちらこちらに止まっているし、自分もいつ車の中に水が入ってくるやもしれない恐怖の中、かといって止まる場所もなく、波をたてつつひーひー言いながらなんとか寮までたどり着きました。

寮生だった私は仲間とワイワイ話しながら、ある意味ちょっとしたイベントのようにこの雨を楽しんでいたように思います。

この時ぐらいまでは(汗)


その寮というのが素晴らしく古く汚い寮で、寮のまん前にでっかいガスタンクがあったり、食品会社の寮だというのにまあそれは立派なゴキ○○がそこかしこにいたりで、とんでもない寮でした。

9時ぐらいだったでしょうか?一人お風呂に入っていると。。。「停電」
幸いにも作業?は終っていたので、真っ暗な中自分の部屋に戻ると、部屋の窓から雨がダーダーと侵入!
窓のサッシが鉄?なのかなんなのか、吹き付ける雨が跳ね返り、部屋の中へと入ってくる始末。窓際に電化製品を置いている人が多くて、みんなで助け合いながら移動したり、水を噴いたり。あげく4階建てなのに、3階でも2階でも天井から雨漏りが!!どういう仕組みになってるの??と首をかしげながら対応し、端の部屋ではどういうわけか押入れからも水が漏り、ふとんが大変な事に。
最終的には階段に水が流れ始め、まるで滝のよう(大げさでなくてね)
この頃になるとみんな逆におかしくなってしまい、笑いながら作業をすすめました。
終ったのは3時ぐらいだったでしょうか?

まるでドリフかと思うような一夜が明けた次の日、まだひざまでもある水の中をビーチサンダルで出勤し、ほとんどの社員が出社できないせいで生産ライン及び配送がストップしてしまった後始末や手配に大わらわでした。

ブログに東海豪雨の事を書こうと調べてみて気がついたんですが、ちょうど8年前の9月11日だったんですね。
「9.11」といえば、アメリカ同時多発テロの日でもあるわけで、この日は何かあるのではないかと思ってしまいました。

まして今巷では9月11日だか13日に大地震が起きるとか何とかいう噂で持ちきりだそうじゃないですか。(私は全く知りませんでしたが)

かと言ってどう備えていいのか。
貴重品とか必要最低限の生活用品とかをカバンに詰めて、倒れそうなもののそばでは寝ないようにする。。。ぐらいでしょうか、とりあえずできるのは。
やはりどこかで、まさか自分がそんな大災害にあうわけがないと思っているんでしょうね。

『備えあれば憂いなし』

東南海大地震がいつ起きてもおかしくないといわれ早数年。
そろそろこの言葉を肝に銘じて、家庭ごとの対策を練らないといけませんね。


古田 暁
[PR]
by npskobe | 2008-09-10 18:36 | その他
最近天気が、
激変してオウジョウすることがよくある。


さっきも突然のドシャ降りの雨で展示場の窓という窓を松井さんが閉めてまわってアー間に合ってよかったね、とか言ってたところだけど、小降りになった頃お隣さんがやってきて筒井さんの車窓開いててエライことになってますよ、って。


ワッ、自分の車の窓閉めるのわすれてた!


あわてて飛び出して車の中見ると、助手席とその後の座席の窓が全開になっててズブ濡れのビチャビチャ状態。。

(><)わー、まいったなぁ。



明日と明後日には加子母にお客様をご案内するのにこれじゃ座ってもらえないよ。(泣)

ほんの2時間前に外から帰った時はすごく暑くて眩しいばかりのパカパカの天気で、フロントガラスに銀色の反射板を広げたくらいなのに、まったくもぅ、何でこうなるの。

天気のばかばか。


と誰に言うことなく文句言いながらタオルでドアや座席を拭いたら、もう絞れる絞れる。。



え、でもなんでそんなに窓開けて車留めてたんだ、って?

確かに窓開けて車止めてた筒井が悪いことは悪いんだけど。
て言うか僕以外の誰も悪いわけないけど、、。



ひとつ濡れ犬の言い訳聞いてもらえますか?

今日はむちゃ暑い日で、近くの現場にすぐ出かけるのに窓閉めてると車内が焼けてとても入れないから開けてたのと、もう一つの事情は、彩都の展示場の駐車場って隣のケイジェイワークスさんとで分けて使ってるけど、最近占領されてうちが置けない状態なんです。(怒)
(と怒りのホコ先を他人に向ける。。)


で、常に事務所棟の際に誰かの車を置いてるけど、助手席側は壁ギリギリで人が入る隙間がないからドロボウされないし開けててもぜんぜん平気。



でもそれが大間違いでした。。

確かにモノは出ていかないけど入ってくるの、雨とかが。
(--)しかもザーザーと。



こういう人の不幸って傍からみると笑えるよね。。きっと



皆さんも気をつけましょう、突然の雨と窓の閉め忘れに。。


次はどなたか笑える話を筒井にしてください。

                           大阪彩都営業所  筒井克佳
[PR]
by npskobe | 2008-09-05 19:03 | 大阪彩都営業所
妄想癖
はじめまして、宮島と申します。何を書けば良いのか、さっぱり検討も付かず2日も過ぎてしまいました。常日ごろ何も考えず、何も感じていないのだな?と実感し、自分には趣味といえるものがないなと痛感しています。

ん~~~~ん・・・・・・ポク・ポク・ポク ピーン!!!


では、今現在ではなく、ちょっと過去に遡って妄想してみましょう!


   ・・・・・・・・・・・・・・  おぎゃ~!おぎゃ~! ・・・あ!すみません戻りすぎました。

















中学・高校・大学は、TVばかり見てましたね。特にトレンディードラマばかり見てました。

あ~こんな台詞言われたいなあ~!言ってみたいなあ~!

  ’桜子さん!好きです!僕には君が必要なんです。’

  ”私には見えるんです。10年後も私はあなたの傍にいます。残念ながら、私はあなたといるだけで幸せなんです。”

   ジャーン     よう エブリィ しん~ん   よう エブリィ しん~ん   ・・・・・


 ( 記憶曖昧ですが、こんな感じの台詞だったかな~?    まあいいか! 妄想だから)



あ~  言われたいなあ~!!!!



なんだか皆さんに、お前はバカか! そんなことばかり考えているから、彼女も結婚もできないんだよ!と言われているような気がします。  (事実、友人には良く言われています。)


妄想するとながくなるので、この辺で失礼します。 最後まで付き合っていただきありがとうございました。

  では、自己紹介がてらに、妄想癖のある宮島でした。

  見放さずに長いお付き合いをよろしくお願い致します。




  







     
[PR]
by npskobe | 2008-09-02 20:00 | 神戸支店