<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
軒先のライン
平成20年5月20日(火)
神戸市垂水区の転法輪寺阿弥陀堂の屋根銅板が葺き上がってきました。今回は光永設計さんのデザインで高野山の御影堂を意識されての設計です。高野山御影堂の屋根は桧皮葺ですが、転法輪寺阿弥陀堂では銅板葺です。軒先のラインでは八野棟梁のこだわり線があり、軒先廻りの高さがとても感じよく表れています。
f0073301_13272052.jpg

                                  神戸支店  丸子 健士
[PR]
by npskobe | 2008-05-20 13:32
「庇の威力」
2008.05.02(金)

ここのところ、とり付かれた様に庇をアピールしておりますが思いもよらない
ところから、その威力が発見できましたので報告致します。

舞多聞を本格的に販売を開始し、色々と目に付いた中からこれをご紹介します。
これは、外構の桧木塀です。中央より奥が黒ずんでいるのが分かると思います。
何気なく、「少し汚れてきたなー」と、単純に思っていました。
でも、何故「半分黒いんだろう?」と思った時、ふと上を見上げました。
f0073301_10203834.jpg

これは、「ひょっとして庇があるから?」という事に気がついたのです。
最初は写真をご覧の様に、「これだけ塀から高く離れていて、又、塀よりも
庇の出が出るか出ないか、少しだけ庇の方が出ているかなーという程度」
ですので、まさかと思いましたがその他に考えられることが無くやっぱり
庇があるおかげかと、確信したところです。
f0073301_1021252.jpg

今度は反対から見てみました。
f0073301_10212210.jpg
f0073301_10214745.jpg

正面からは少し見にくいですが、右から黒ずんだところがあり、庇の下は綺麗で
一番左(1m程)は、又黒ずんでいます。
これを見ていただくと、庇が木塀を明らかに雨から守っている事が分かります。
f0073301_1022889.jpg

日本家屋は、実に奥が深いと思いました。

                                 大阪彩都営業所 今井清隆
[PR]
by npskobe | 2008-05-02 11:30