<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
「水と緑の勉強会」
2008.04.29(火)

「2008春 水と緑の勉強会」
f0073301_15252451.jpg
f0073301_15253520.jpg
f0073301_15254291.jpg

26・27日の二日間、今でも身近に残る「きれいな水」そして「きれいな緑」
皆さんに見ていただきました。

桧の伐採式です。
f0073301_15285277.jpg

年輪を数えると96年、よって101歳と推定されます。
f0073301_1529257.jpg

なぜ5歳増えるの?と疑問をお持ちかと思いますが、苗木の頃は年輪が
作られにくいことから、プラス5歳~10歳します。

プレカット工場です。昔ながらの松丸太です。
f0073301_1536547.jpg

大黒柱などの太物は、手で刻みます。
f0073301_15444464.jpg

子供は良く知っています。自然のものを。
f0073301_15464752.jpg

加子母小学校、木造です。
f0073301_1549147.jpg

神宮美林、おおよそ350年生の天然のヒノキとサワラです。両者は木曽五木の
内の二本でとてもよく似ています。サワラは昔から寿司桶など、湿気に強い
材料として使われてきました。左がヒノキで右がサワラです。
f0073301_1549372.jpg

ヒノキの樹皮
f0073301_15515339.jpg

サワラの樹皮、見分け方はヒノキの方がサワラに比べ少し荒荒しく見えます。
f0073301_160273.jpg

ヒノキの葉、先が丸っこく裏の白い筋がYの字に見えます。
f0073301_161054.jpg

サワラの葉、先がとがって裏の白い筋がXやMに見えます。
f0073301_1622092.jpg

バイカオーレン、梅の花に良く似た別名「森の妖精」ともいわれ、
針葉樹林内に咲きます。その名の通り白く輝いていました。
f0073301_1634554.jpg

ハナイカダ、葉の真ん中に実をつけた珍しい花で水分条件が
良いところに生育します。
f0073301_16121521.jpg

明治座、明治27年に村の有志で建てられた芝居小屋です。
ここにもセメント瓦がありました(一番左側、手前の屋根は釉薬瓦です)。
軒先はかなりくねっており、修理が必要になっています。
f0073301_16182380.jpg

皆さんにご協力をと、一枚300円の桧の札を買って頂きました。
この資金は建物の修理に役立て、後の世代へと引き継がれて行きます。
f0073301_16365374.jpg

f0073301_1637266.jpg

参加者30組68名の沢山の方にご参加いただきました。
こうして家をつくる事だけではなく、「きれいな水」や「きれいな緑」を
いつまでも保ってゆけるのは、皆さんのご協力があっての事です。
皆さんの第二のふる里として是非又、お越し下さい。

ありがとうございました。             大阪彩都営業所 今井清隆
[PR]
by npskobe | 2008-04-29 16:59
「ガーデンシティー舞多聞 新価格にて販売中!!」
2008.04.21(月)

「ガーデンシティー舞多門」5月連休に向け新価格にて販売を開始しました。
f0073301_13241542.jpg

昨年の4月のオープン以来、沢山の方にご来場いただきました。
この間、時にはイベントを行い、時には打合せの場となり・・・
揖保郡や神戸市、芦屋市、岐阜県と、さまざまな地域でお仕事を戴けました。
一年間の営業をさせて頂きました感謝をこめて、新価格にて本格的に
販売を開始いたします。

分譲型モデルハウス
f0073301_13345098.jpg

土間玄関 奥の足元には緑が望めます。腰掛ベンチもあります。
f0073301_1325968.jpg

開放的で暖かみのあるLDK。
f0073301_13263553.jpg

f0073301_13264976.jpg

土地の販売もあります。特典付き
モデルハウス北隣の北東角の敷地です。41号地 62.13坪 予約済
f0073301_13274041.jpg

42号地 64.44坪 東南の角地です。
f0073301_13412536.jpg

57号地 69.39坪 三つの土地中一番大きな敷地です。
f0073301_13433091.jpg

写真を撮っているうち、一つ気づきました。庇による影です。
f0073301_13445951.jpg

写真でいいます左側が南ですが、南側の外壁を良くご覧下さい。
二階の三つ並んでいる窓の辺りまで影が差し込んでいます。

私どもで建てさせて頂いたお宅を少し紹介しますと、彩都K邸やS邸、
池田市T邸など、去年の、あの暑かった夏エアコンをほとんど運転しなかった
お話しを聞いたことを思い出します。庇の出が日影を作ってくれているからです。
特に彩都S邸は機器自体ついておりません。

この大阪近辺はヒートアイランド現象で過去十年間35度を上回った
日数が全国でもっとも多いワーストNO,1ですので、夜窓を開けると
逆に暑くなるお宅が多く全てがエアコン無しで過ごせるとは言いませんが
庇は家を長持ちさせるだけではなく、環境にも大きく影響をする事が
改めて知らされたところです。
さて、ここで写真にもう一度戻りますと、大方建物の高さの半分まで
日影となっています。撮影は昨日午前11時頃、太陽高度は50度前後
夏至の正午となれば80度近い太陽高度となる事を考えれば、おそらく
この建物も、真夏の暑い頃はすっぽりと日影に包まれていることが
予想されます。これより先、何を訴えたいかは皆様にお任せします。

5月5日(こどもの日)舞多聞にて木工教室を開きます。
国産の桧や杉をのこぎりで切った後、なんともいえない良い香りが
漂います。イスや小物等々、色々作ってみませんか?
是非のお越し、お待ちしております。

また、あたり前のようでなかなか気づかない発見がありましたら
投稿します。

                            大阪彩都営業所 今井清隆
[PR]
by npskobe | 2008-04-21 14:41
「着々と完成に近づいています!」
2008.04.19(土)

f0073301_20482639.jpg

このブログでも何度か投稿させて頂いております伊丹市M邸、
いよいよ大工さんも終わりに近づいてまいりました。
f0073301_2049177.jpg

南側外観をお見せしますのは今回で初めてですが、可能な
限り開口部を大きくとりました。
f0073301_20493049.jpg

大黒柱も「ドン!」と腰を据えています。
f0073301_20522777.jpg

f0073301_20532391.jpg

当社では洗面脱衣室の壁と天井に高野マキを使用しております。
有名な木曽五木の中の一つに入ります。悠仁親王殿下さまのお印の木
でもあり、一時期ものすごい勢いで出回っていました。
f0073301_20545475.jpg

お客様からは、「壁も天井も木ですか・・・腐ったりカビたりしないですか?」
と、よく質問されます。
そんなとき、こう答えます。「クロスもカビますよね、悪化すれば
剥がれますよね、作り方一つ、住み方一つですよ」と、話します。
確かに木材でもクロスでもほかって置けば悪くなります。ですが、
いかに風通しを良くするか、手入れをしてやるかだと思います。
壁や天井に板を張った場合、どこから腐り始めるかといえば
表面からではなく、裏側からなのです。ウッドデッキもそうです。
表ではなく、地面に近い裏側からなのです。

3年ほど前、他社で作られたお客様が彩都に来られ、「ウッドデッキ
が腐ったので一度見て頂けませんか?」と訪ねて来られました。
現場を見たとたん、「これでは腐ってあたり前ですよ」と話した事が
あります。すのこ板は隙間無くビッシリとくっつけられ、それに輪をかけ
周りをぐるっと一回り壁が作られていました。これは、そのお客様が
隙間がいやなので、くっつけて下さいと要望されたのでこうなっている
との事でしたが、言われた通りそのまま施工をする職人さんも
間違っていると思います。
f0073301_21565294.jpg

木は、特性を生かし、うまく使えば何十年、何百年ともちます。
このM邸も、これから永くこの地に残ることと思います。
後の人たちが見た時、「さすがだなー」と言われるような仕事を
したいものです。

                            大阪彩都営業所 今井清隆
[PR]
by npskobe | 2008-04-19 22:09
「思いのこもったテーブル」
2008.04.14(月)

本日、知人である近所のO邸にイチョウのテーブルと桧のベンチを
納品させて頂きました。
「子供の為に(ご夫婦の為も大きいですが)無垢の木で、それも、
イスはベンチで作りたい!」との要望に話しがはずみ、仕事を戴ける
ことになったのです。

先ずは材料を吟味しなくてはならないので、加子母に行きました。
原木のイチョウです。高さは2,600㎜非常に立派な木材です。
もともとの予算よりかなりオーバーですが、この木に圧倒されたのか
この木がOさんを呼んでいたのか?これに決まりました。
f0073301_1148177.jpg

作られるテーブルは、長さ1800㎜あれば足りるので残った部分で
脚に利用する事にしました。

立派なテーブルとイスをご覧下さい。
f0073301_11495651.jpg

f0073301_11504470.jpg

f0073301_11505356.jpg

f0073301_1151133.jpg

さて、この「思いのこもったテーブル」実は、子供の姿勢を正す為に
Oさんがベンチイスに考えられたものなのです。
「背もたれがあると、どうしても姿勢が悪くなる」との話しを聞き、
子供への愛情が伺えました。

前回のブログで私の家を紹介させて頂きました。昔ながらの家で
当然ながら大黒柱があります。小さい頃、自分の背丈を大黒柱に
鉛筆でよく書いていた事を思い出します。今思うと懐かしく思います。
おそらく、このOさんのテーブルとイスは一生物になる事と思います。
まだ、小さいお子さんもいらっしゃるので、落書きもされることでしょう。
しかしその傷跡は、そのお子さんが大きくなった時きっと良い思い出と
なる事と思います。又、両親のおかげで姿勢が良くなった事に感謝
する時がくることと思います。
新しく、又、アジのあるものには皆が寄ってくる、家族揃ってご飯が食べられる
そんなテーブルとイスを作らさせて頂いた事がうれしく思います。

ありがとうございました。            大阪彩都営業所 今井清隆
[PR]
by npskobe | 2008-04-14 12:27