<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
茶の文化
平成19年6月30日(土)
神戸の中華街、南京町でジャスミン茶を買いました。ジャスミン茶は中国で六大茶(青茶、緑茶、黒茶、紅茶、黄茶、白茶があるらしい)とは別に「花茶」(ホア チャ)といわれる部類に入るらしい。
f0073301_1630548.jpg

                               神戸南京町で購入したジャスミン茶
日本では中国茶と言えば烏龍茶を思い出しますが、一般的に飲まれているのは緑茶です。烏龍茶は台湾や福建省地方でよく見かけます。あと、花茶で有名なのは「菊花茶」。そのお茶はまさしく、菊花が湯水に浮いています。中国茶は急須を使って、お茶を入れる他にカップに直接、茶葉は入れ湯を注ぎ飲んだりします。カップの中のお茶がなくなれば、また、湯水を足せば、何回でも飲めます。とても、合理的です。

そう言えば、中島工務店の本社のある中津川市加子母にも特産の「かしも茶」があります。また、隣村の東白川村は白川茶のふるさとです。白川茶畑は国道沿いの山間部の急斜面に広がって、なかなか趣のある風景です。

中国より伝えられたお茶は日本には欠かせないものとなっています。読み方も、日本語、中国語も「チャ」(中国発音表記:cha)。両国の共通する「茶の文化」の面白さや不思議さも多くあると思います。

                                      神戸支店 丸子 健士
[PR]
by npskobe | 2007-06-30 17:27
広島平和記念資料館
2年前の写真ですが、広島平和記念館へ行った時の杉型枠のアップです。
f0073301_1442585.jpg

2007.6.26   建築工房 羅漢  馬越
[PR]
by npskobe | 2007-06-26 14:43
夕凪の街 桜の国
平成19年6月23日(土)
少し前に読んだマンガ本の話をします。「夕凪の街 桜の国」(こうの史代 著 双葉社)という題で、私の故郷、広島の話です。夕凪とは夕方に海風が陸風に変わる無風状態のことで、瀬戸内海特有の気象現象です。その夕凪の街は原爆で焼け出された人たちがバラックを建てて住んでいた地区のことです。現在は緑地帯の公園になっていますが、ほんの30年数前までは、まだ、人々は生活していました。物語の流れは原爆を通して東京~広島と地域を越えた三世代の話です。話は3部構成になっています。後半の桜の国では桜の情景が鮮やかに描かれています。「夕凪の街 桜の国」は映画化され、今夏に上映予定です。機会かあれば、ぜひ観てください。

                                  「夕凪の街 桜の国」表紙
最近、デザインの要素から杉板型枠を使う現場が出てきたと聞いています。中島工務店神戸支店でも数件、杉板型枠を使いました。コンクリートが打ち上がった面に化粧の杉模様が出てくることは非常に美しく感じられます。ただ、コスト面と現場施工は大変な苦労があると想像します。

「夕凪の街 桜の国」で原爆、そして、杉板型枠を想像していたら、広島平和公園内にある広島平和記念資料館(設計:丹下健三 1955年開館)を思い出しました。東西に長いこの資料館は1階部分がピロティと呼ばれる開放空間です。原爆ドーム、慰霊碑に続く正面に位置し、まるで凱旋門を思い起こします。そのピロティ部のコンクリート打ち放しの柱は化粧の杉板模様が今も光沢をもっています。昔は現在のように化粧合板がなく、杉板などを加工して型枠にしていました。多少の補修は必要としても現在も綺麗な状態で残っていることに感心します。
   
                広島平和記念資料館(1階柱部が杉型枠コンクリート打放仕上)
                                
                                    神戸支店  丸子 健士
[PR]
by npskobe | 2007-06-23 16:22
「キクイムシ」について メーカーさんより。
2006.06.20

ここのところ取りあげられている「キクイムシ」について、シナ合板のメーカー様より返答がありました。(クリックすると、拡大されます)
現状は、これといって防止策がとれていない。
とのこと。
体に悪い影響が無い材料を使っていく上で、虫だけ排除する防虫の問題は、難しいと思います。メーカーさん側へ対応を求めるのももちろんですが、施工側としても解決策を考えていかなければならないと思っています。
f0073301_10161377.jpg

                                       神戸支店 今井直子
[PR]
by npskobe | 2007-06-20 10:44 | その他
家づくり 「寺子屋」 を開催しました
平成19年6月18日

家づくり 「寺子屋」 を開催しました。
参加された方、ありがとうございました。遠方からの参加の方もご苦労様でした。

今回は、垂水区 舞多聞(UR都市機構)の展示住宅で集合しまして、挨拶の後、須磨区板宿の工事中の現場で骨組みについての勉強です。柱や梁・筋交い、又は構造金物等現物を確認しながら見学しました。
f0073301_18201896.jpg

担当 今井清隆の説明にも熱が入ります。
f0073301_1823165.jpg

お昼は、舞多聞に戻り昼食です。加子母より届いた朴葉すしとお茶で思い思いに
f0073301_18362421.jpg
f0073301_18364011.jpg

つづきまして、同じ舞多聞の完成間近の現場に移動して仕上げについての勉強です。その後、自由見学で、質問に応じました。
会場の外観
f0073301_18452871.jpg

f0073301_18463788.jpg

薪ストーブの使用説明も暑い中行いました。
f0073301_18473157.jpg

少しでも、こうして家づくりの参考になればと思います。
次回、の参加をお待ちしております。
[PR]
by npskobe | 2007-06-18 18:50
キクイムシの対応
昨日、キクイムシにやられたシナ合板を取替えに行きました。
状況は、下記の通りでした。
f0073301_15454291.jpg小さな穴がキクイムシに食われた箇所です。
f0073301_15472711.jpg直径1mm程度の穴が無数にありました。
f0073301_15484217.jpg初期対応に使用した殺虫剤。これで穴という穴にスプレーして対応していたのですが...
f0073301_15495876.jpgキクイムシに食われた部分のシナ合板を取り外しました。
f0073301_15505315.jpgシナ合板の裏地です。撤去する際に一部裏地のシナがはがれその中にキクイムシの蟻道が発見できました。裏地のシナ合板はきれいなままでした。
f0073301_1553364.jpg裏地をノミで丁寧にはがして見ました。
f0073301_15535436.jpg無数の蟻道が出来ていて皆呆然としました。よく見ていただくと写真の左側のと右側では、同じラワンでも心材と辺材の違いなのか、かなり色が違っています。今回、食われていたのは、全て右側の白っぽい方だけでした。何かこれが関係しているのだろうか?それにしてもよくあんなに小さな体で食うものですね。この状況を見てみると、やはり外から食われたとは思いにくいのですが、卵は本当に熱処理で駆除し切れているのだろうか?


f0073301_1559584.jpg中からこんな物体が現れました。これはキクイムシの卵?


何か知ってみてる方がおられましたら是非コメント願います。

                                 鷲見昌己
[PR]
by npskobe | 2007-06-10 16:09
シナ合板について
シナ合板のメーカーよりキクイムシに対する報告がありました。

今回使用したメーカー 丸玉産業㈱(北海道)さんより

1、原木丸太の煮沸処理
  湿度 60~100℃で約1日煮沸処理されます。

2、単板乾燥処理
  ①シナ表面及び裏板(0.6mm)は、180℃で約5分間乾燥機にて熱処理されます。
   また、シナは、素材として防虫性能が認められています。
  ②中板も180℃で約30分間乾燥機で熱処理されます。

3、その後合板となりホットプレスにて、115℃で処理されます。

 以上のことから、合板には高熱処理工程で虫は、殺虫滅菌され虫が生存
することはないとされています。
 当社としましても虫の発生は、工場外の場所で卵が産み付けられたものが
孵化したと考えます。工場外で発生した害虫につきましては、これといった
対策を取れないのが現状です。何卒御理解頂きます様お願いいたします。


 上記がメーカーからの回答でしたが、予想通りと言うか、模範解答と言うか判りませんが、ただの責任逃れの回答にしか見えないのですが皆さん如何でしょうか?
 今回、メーカーに対して責任を追及している訳ではなく、今後同じ問題が起きないよう
何らかの対策を考えようと、確認しただけなのに...残念でした。
こんな事では、いつまで経ってもこの様な問題は解決しないと思います。
今一度、事情をよく説明してメーカーさんの見解やアドバイスを頂く事としました。
                                    鷲見昌己
[PR]
by npskobe | 2007-06-07 23:05
キクイムシ発生
先日、OBさんより、天井に無数の穴が開いてもう手に負えないので何とかして欲しいとの連絡がありました。原因はキクイムシということは御存知で、殺虫剤でその都度対応していたという事でしたが、訪問してみると、天井のシナ合板がキクイムシで穴だらけになっていました。
今回の対応策
防蟻工事屋さんへ相談
 Q.キクイムシを退治するいい方法はないですか
 A.キクイムシ被害ですか、皆さん苦労されていますよ。申し訳ありませんが
   今現在これといった対策はありません
 Q.アースレットの強烈なもので薫煙処理は無理なんですか?
 A.薫煙処理をするのには、1週間位家を空けていただく必要があります。
   ただ、街中の場合、薬剤が周辺に影響を与えてしまいますので、実質無理です。
   この方法では成虫は撃退できますが卵が産み付けられていた場合は
   また発生します。
 Q.他の工務店はどうされていますか
 A.不可効力と言うこてで対応されている方が多いようです。
   中には、張替を行う方もあります。
   ラワン合板を下地に使った製品(既製フローリング・シナ合板・長押・和室天井など)
   は特に発生が多いので、材料メーカーに殺菌処理の有無を確かめた方
   がいいですよ
など、聞いてみましたがやはり得策はありませんでした。
上記の結果、今回は、このまま検討ばかりしていても、対策が決まりそうもないので、
お客様に御迷惑を掛けないようとりあえず、その部分の張替を行って処理する事にしました。
引き続き、建材屋さんなどに確認を行いたいと思います。
                                               鷲見昌己
[PR]
by npskobe | 2007-06-03 13:29