<   2006年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧
スローライフな家作り
このブログに来て下さった社員以外の方、初めまして!
初登場になります、東京支店の吉村嘉隆です。

 この29日~30日の土日、岐阜・加子母にて当社のイベント「東濃ひのきの家ふるさと
祭り」という催しが有りました。これは昨年から今年にかけて当社にて住宅を建てて頂い
たお施主様ののうちご都合のつく方に加子母へいらして頂き「建てられた住宅のふるさと
としての加子母」を見て交流を深めようという趣旨で行われた行事です。中にはこれから
住宅をお建てになる方や加子母に興味をもって一度行きたいという方の参加もあり、総勢
80数名の方々が、西は兵庫県明石市や神戸大阪京都、中部は名古屋や苅谷、そして
東は東京都内や埼玉県さいたま市から遠路はるばる参加して下さいました。

 皆様、本当に有り難う御座いました。そしてお疲れさまでした。


さて、その中の行事の一つに「大黒柱の森にての植樹」というのがありましたが、これは
加子母から切り出して、建物に使用された大黒柱や他の柱の代わりに植樹をしてその
一部でも山に返し、「80年100年先の家を建てる人の為に使おう」「伐採したら植えて
山林を荒らさない」という輪廻の思想(?)のような遠大な考えによるものです。

 もちろん、ひとり2~3本の植樹では実際使用された木の100分の1位なのですが、
ようは気持ちの問題です。

 「この1本の植樹が、川や海を綺麗にし、地球温暖化防止の何億分の1にでもつながっ
たらうれしいな・・・・・・・・・・・」

 そんな気持ちを持って、私たちの作った家に住んで頂けたらまた愛着も湧きますし、
それが私たちの望むところでもあります。


 ところで、今回のイベントには都合がつかなくて参加されませんでしたが、まさにこの
「大黒柱の森」にて大黒柱を切り出した家が今年1月に完成しました。

 下の写真はお施主さん自ら樹齢98年のひのきを切り倒す(実際はプロの杣職人が切り
倒しましたが)ときの写真です。

f0073301_2130129.jpg


横浜市栄区のNさんの家ですが、切り出したのは平成16年11月12日。
打合せ・設計作業は切り出すのと同時並行で進めてはいましたが、木の乾燥に半年
以上をかけ(それだけでは足らないので人工乾燥もしましたが)基礎着工は平成17年
7月、そして竣工が平成18年1月。工期も多少ゆったりと頂いたのもありますが、足かけ
2年近くかけて完成しました。

 今回の「ひのきの家ふるさと祭り」に参加して頂いたお客様の中にも、やはり「打合せ
から数えると1年以上かかりましたね」という方も少なくなかったかと思います。じっくり
打合せを行い、時間を掛け丁寧に作る、そしてまた何十年にも亘って家の保守管理の
お手伝いをする、それがやはり当社の持ち味なんじゃないか、とつくづく思います。


 もちろん、昨今は技術革新も早く、携帯電話なんかでも半年もするともう新しい機種が
生まれ今もっている型はあっという間に「古い機種」になってしまう、「革新スピードこそ命」
の時代なのは解ってはいます。が、多くの家電製品において新機種を発売し続けるのは
メーカーの策略(他社との競争での必要悪)的な面は否定出来ません。その証拠に
マニュアルにある機能の半分も使いこなしていない家電製品などのなんと多いこと
でしょう。携帯も電話が簡単にできれば良いという人は随分多いと思います。

 住宅造りなども、ハウスメーカー等がいろいろな流行を生み出し(今の建て売り等は
南プロバンス風でしょうか?)いろいろなセールスコピーをCMで流していますが、本当に
大切なのは「丈夫で長持ちで住みやすい家」です。昔ながらの、とはいいませんがその
本当に大切なところをしっかり作る、そしてあとあとまでしっかりと面倒を見る、それが
スローライフな家作りであり本当に必要とされているものじゃないかな、と思いました。
[PR]
by npskobe | 2006-07-31 19:57 | 家づくりへの想い
お世話になります。
 お世話になります、名古屋支店の安本です。

私はしゃべるのは得意ですが文字を書いたりすることは苦手ですので

少し戸惑いながらブログに挑戦中です。何を書いたら良いのやら・・・

 
 仕事上 東海三県の隅々まで移動してますといろんなものがありまして最近ですが

目に付き始めたのが歴史的な名所旧跡でして、ふらっと立ち寄ると意外におもしろい所も

ありましてメジャーな場所やマイナーな場所、豪華な場所や質素な場所等々・・・

私的にはマイナーな場所をのんびりを見学するのが好きですがマイナーな場所は大体、

良く解らない人物や物が奉られており、日本史をもう一度、勉強し直すつもりでその場を

去るのですが、どうやら私の考えはその場限りのようで未だに実行してません。

 これからも様々な名所を見学に行くつもりですがこのマイブームも何時まで続くのか・・・

では、これにて
 
[PR]
by npskobe | 2006-07-29 16:41
自己紹介
まず初めに自己紹介をさせて頂きます。
名前は植松 尚美です。
生年月日は歳がバレるので伏せておきます。(笑い)!^^!
趣味はドライブ
高校を卒業して免許を取って一番初めのドライブが、友達と遊んでた時にふとっ広島焼きが食べたくなって、どうせ食べるなら本場の広島まで行こう!!ってな具合で、下道で(高速代を浮かし)友達と運転を交代しながら寝る事もなく楽しいドライブとお好み村でおいしい広島焼きも食べる事が出来て、その後原爆ドーム→宮島にある厳島神社を回りまた下道での帰省をして家に帰るとすぐに死んだ様に爆睡タイム。
あの頃は若かった事もあってオールが出来てたんだなぁ~と思う今日この頃。
今はオールは無理ですが、広島をきっかけに私のドライブ好きの始まりです。
最近は生活に追われ遠出のドライブもなかなか行けなくなってはいますが、
私の性格上いつも突発的で海が見たくなった時は出掛けて行って泳ぐ訳でもなく、ただボーッと穏やかな波と水平線を眺めてるだけで良くて、そう言う時間が今の私にとっての癒しの時間でもあります。
話しが反れてますよね・・・??
さてさて、私がここ㈱中島工務店に入社するきっかけになったのは、以前の会社を退職し次の職を探していた時にネットのホームページを覗いた事で縁を頂き採用してもらう事になりました。
以前に勤めていた所は、事務処理的な所で笑いもない、私語も厳禁!!って感じで、みんな不機嫌に仕事をこなしてそんな毎日が私にとっては辛いものでした。(喜怒哀楽が無い(::)怒はあったあった(#**#)
皆さん、どう思われますか?
辛くてしんどい時もあります、楽しい事ばかりでもありませんが、同じ働くなら人間味のある職場。別に笑いも涙もあってもいいとは思いませんか?
5月29日から入社して早いものでもう2ヶ月が経ちます。
一番不安だったのが、周りの人達とのコミュニケーションが取れるのかが気がかりでした。
(人見知りする歳でもないのですが、慣れるまでに時間が掛かってしまうので・・・)
でもみんな明るくて気持ちの温かい人達ばかりで不安は解消!!
ホントにこの㈱中島工務店に入社出来て良かったと実感しています。人間味のあるアットホームな会社で・・・!(^^)!
今回、支店長よりそろそろブログを書いてみないか?と言われて少し戸惑いました^^“
まだ会社の概要も詳しく知り得ていない私がこのブログを通して何を伝えれば良いのか?
難しいところではありますが、これからは会社のいろんな情報の紹介が出来ればと思っていますので末永く見守っていて下さい。

                         植松 尚美
[PR]
by npskobe | 2006-07-28 16:03 | 神戸支店
木馬
2006.7.27

大阪彩都のモデルハウスに、東濃ひのきで作られた、かわいい木馬がやってきました。
来場されるお子様達は、玄関に入るなり、当然のように乗って遊んでいます。

大人が乗っても、びくともしない しっかりした作りで、
東濃ひのきの手触りが、とても優しいこの木馬
販売もしていますので、気になる!!という方は、彩都モデルハウスまでお問合せ下さい。

f0073301_11371527.jpg


                                        松井 久美
[PR]
by npskobe | 2006-07-27 11:49 | 大阪彩都営業所
手作りゴミ箱
2006.07.24



なかなか梅雨が明けません。

現場では、外での作業が進まずに困っています。

私も、洗濯が乾かなくて困っています(´ヘ`;)

予報では、西日本では早くて今週末あたり。という事だそうですが、どうなることやら。




話は変わって。。。

先日、大工さんに事務所の食堂で使うゴミ箱を作ってもらいました。

設置場所は、壁と冷蔵庫の間で、幅30センチ×奥行き60センチの隙間。

ホームセンターで既成のものを買おうかとも思ったのですが、少しでも空きスペースを

有効に活用できる様に。と思い大工さんにお願いしました。

私の頭の中では、90Lのゴミ袋を2つ装着できる予定で図面を書いたのですが

実際は1つしか装着できず・・・。

その上、ゴミがたくさん入った袋を取り出しにくいとクレームが・・・。f0073301_17115841.jpg

ちょっと失敗でした(汗

次回の『日曜大工ひろば』の時に

少し手直しするつもりです。

                                 神戸支店 今井 直子
[PR]
by npskobe | 2006-07-24 17:22
大切な湿気対策
平成18年7月22日

今週は雨がたくさん降りました。僕の行っているお寺の修復工事の現場は湿気のひどい所にあります。周りは田んぼに囲まれていて、晴れていても水たまりができるようなところです。建物の下も湿気だらけで、床下の木材は特に悪くなっていました。湿気は木材を腐らせますし、湿気を好む虫もたくさん寄ってきます。この建物の床下には虫がたくさん住んでいました。シロアリもです。今までシロアリを見たことがなかったのですが、本当に木材を綺麗に食べてしまうということが分かりました。中に巣を作って、働きアリが動きまわっています。柱などは外から見ても普通なのに、中は空洞になっています。持ち上げてみると通常の何倍もの軽さになっています。このように、床下や柱などほとんどの木材を食い荒らしたシロアリも防腐防虫剤を塗布した跡のある木材には手をつけていませんでした。建物を長持ちさせるためには湿気対策、防虫がとても肝心だと感じました。
今は、このように特に湿気の多い所に建っているこのお寺が、この後何百年も持つように、何人もの人たちが集まって、水、湿気対策などを考えているところです。ヒノキはこのような時によく使われると聞きました。ヒノキの性質は心材に耐久性があり、長期の水湿に耐え、その独特の香りは、防菌、防虫、防カビの働きがあります。このため、古くから仏閣、神社を作るために使われてきたと聞きました。

鳴海 剛史
f0073301_17175480.jpg

[PR]
by npskobe | 2006-07-22 17:20
奉仕を主とする事業は栄え、利得を主とする事業は衰える
平成18年7月21日

 7月1日(土)各社の朝刊に‘電気式浴室換気乾燥暖房機の焼失事故のおそれ’
といった記事が掲載されました。
これを読まれた施主さんから中島工務店に連絡があり、そして、この(略称)浴乾の
電気の施工をした私に電話がかかって来ました。
これの施工方法に問題は無かったのですが、施主さんが安心される為に、
施主さん宅に訪問し、説明し確認してもらいました。
この浴乾によって全国で24件の火災が発生している。
そして、その火災のほとんどが本体のより線と屋内配線を手でねじっているだけと云う
接続方法による発火であり、電気工事士の施工としては考えられないような手抜き工事
であった。

 最近のニュースで某エレベータ会社や某給湯器会社などで事故を隠ぺいしていたこと
が発覚した。
会社は社会に何をもたらすのか?考えねばならないと思う。
自らの利益の為にか、社会に貢献する為にかと。
 
 今の社会では何でもコスト削減で手間のかからないようにするのが流れのようになって
いる。この事自体は間違いとは言えないだろうが、勘違いをしているのではないか?
建築業界においてもコスト削減の為に、どこかで手を抜かねば割りが合わないと
云う事になってはないか?
今年、大手ハウスメーカーが免震装置の溶接をコスト削減の為、海外の未熟な職人に
行わせたうえ、非破壊検査も受けていなかった疑惑が報じられた。
 この様な事は細かな所までみれば、一件の建物が出来るまでには色々とあるのでは
ないかと思う。
 
 たとえ、金額的に厳しい仕事であっても、手を掛け頭を使い一番いい物を作ることが
結果として、いろんな事で自分に返ってくるのではないでしょうか。
 社会に奉仕する気持ちで、仕事をしたいものだ。

                                 藤木電工社   藤木 健    
[PR]
by npskobe | 2006-07-21 21:20
快適な暮らしと断熱材
平成18年7月19日 水曜日
今週は雨が良く降り、ジトッとした湿気の多い日がつずいています。晴れれば晴れたで、湿気が一気に立ち上り、耐えられないような蒸し暑さとなります。

四季のある日本では仕方のないことですが…そんな四季のある日本で快適な家で暮らすために、家つくりに欠かせないものと言えば、断熱材だとおもいます。少しのエネルギー効率で快適な環境を維持するのになくてはならないものです。最近は断熱材にもさまざまなものがあり、またその工法も多種多様です。

自然系のものからプラスチック系・鉱物系のものなどがあり、工法にも内断熱・外断熱、さらに内断熱にも吹き込みのものから吹き付けのものなどさまざまで、コストも違ってきます。

一般の施主がこれを判断し、断熱材の工法、種類まで指定するのは困難でしょう。ほとんどは工務店・設計士の判断にゆだねることになると思います。しかし、工法、種類決まればインターネットなどで特徴や正しい施工方法などを調べることは出来ます。

断熱材は字のごとく、熱を断つことを目的に作られているため、特徴を理解し正しい施工方法を行えば、それなりの断熱性能を発揮します。しかし、どんな優れた断熱材を使用しても、間違ったまた、不十分な施工ならば、断熱性能は大きく低下し、快適な家にはなりません。

断熱材は床の下・壁の中など完成した後では目に見えなくなってしまいます。出来た後では正しく施工されているかわかりません。下地の段階で確認するしかないのです。建築途中でこまめに現場に行き施工状況を目にするのが一番安心できる方法だと思います。もし疑問に感じれば、施工業者・設計士に確認すれば、解決してくれると思います。それでもだめなら第三者の専門業者に聞くのも手だと思います。

私も施工側の人間として、日々新しい材料を使うときは、特徴を勉強し、正しい施工方法を行うよう努力しています。工務店は施主の家つくりの手伝いをする所です。施主と一緒に造り、満足のいくものを施主に提供するのが、本来の姿だとおもいます。だから、施主になられる方も決して遠慮せず、思うことをいっていただき、よりよいものを一緒に造っていけれれば、と思います。

                                           水谷 悦久
[PR]
by npskobe | 2006-07-19 16:15
家造り 私の場合
平成18年7月18日(火)
 昨日初めて、新築工事の契約の席に同席させて頂きました。お施主様と設計事務所様の出会いから一年近い時間が流れての契約でした(当社支店長とお施主様とはそれ以前からのお知り合いであったそうですが・・・)。
 『自分達の家を造る』という思いの強いお施主様ご夫婦の姿を見ながら、自分の時はどうだったのだろうか?と思い返してみました。

 もう5年以上前、ひょんなきっかけで土地購入を思い立ち、約一年半後に家を新築しました。
土地の契約から着工までの約一年の内、どれだけ家のことを考えることができたのかどうかというと『あまり考えなかったな』というのが本当のところです。実際、周りから『本当に建てる気があるのか』と聞かれるくらいでした。金銭的な面で更地にお金を払い続けるわけにもいかず、ある程度のことで見切り発車した家造りでした。今思えばもう少し考えればよかったなと思います。もう次はないと思いますが、もし次があるのならもっと時間をかけて『家造り』を考えたいと思います(別に今の家に不満がある訳ではありません)。
 『将来家造りをしたいな』と考えられている読者の方がいらっしゃいましたら、『早すぎる』ことはありません。情報をゆっくりと集められてはいかがでしょうか?楽しい時間を過ごせると思います。   神戸支店 小川宏司
[PR]
by npskobe | 2006-07-18 07:51 | 家づくりへの想い
上棟式
~平成18年7月17日 月曜日~

こちらでも少し紹介されていた建て替えのお家の上棟式に呼んで頂いたので、

参加させて頂きました。

基礎が出来上がると、あとは大工さんのお仕事になるので普段は建った家というものを、

見る機会がほとんどありませんし、上棟式というのもよく分かりませんが、

少しびっくりしました。

というのもまるで宴会のような豪華な食事を用意してくださっていました。

f0073301_082296.jpg


式には大工さんはじめ、会社の方やご親戚、ご近所の方まで沢山の人で…。

何方かが言っておられましたが、上棟式=祝い事なんですね。

前に鷲見支店長さんが、

昔の家造りは、このように親戚やご近所の方に支えられていたのだと、改めて勉強させられました。私が思う田舎の心とはそんな思いやりの気持ちではないでしょうか。建築に関わるみんなが互いに思いやりをもって力を合わせればきっと飽きのこない愛着の持てる家が出来るのではないかと思います。

と仰っていましたが、上棟式はまさにそんなみなさんの労をねぎらうための場なんだと

改めて知りました。

f0073301_084342.jpg



パイル基工㈲ 紙田
[PR]
by npskobe | 2006-07-17 23:53 | その他