<   2006年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧
寺子屋日記 NO,3
2006.06.30(金)

江崎さんに続き、今対応している雨漏りの物件について報告致します。

雨漏り住宅=欠陥住宅と言われても仕方ありません。
実は、こう言った報告を上げること事態、
「こんな内容を載せて良いのか?」 「当社を信用して頂けなくなるのでは?」
等々、非常に迷っていたのですが、江崎さんが先に報告されたので、投稿
する事に致しました。

対応している物件は、5年程前に私が設計と監督を担当した住宅です。
立地条件は、市街の中でも高台にあり非常に雨風が強い所です。

―― 竣工してから2年目、1階トイレ窓枠から水漏れ発生。 ――
上部に持ち出しのベランダがある為、FRP防水層・笠木・サッシ際等考えられる
部分に水を掛けてみる。 ⇒ 原因つかめず。

―― 竣工してから3年目、1階和室壁から水漏れ発生。 ――
即、現場に向かい壁・天井及び2階へも上がり壁・天井に穴を開け追求する。
                ⇒ 原因つかめず。

―― 竣工してから4年目、2階リビング天井から水漏れ発生。 ――
即、現場に向かい3階の床・壁に穴を開け追求する。
2階リビング天井の上には3階のベランダがある為、FRP防水層・笠木・サッシ際等
考えられる部分に水を掛けてみる。
                ⇒ ベランダ水切り部から水浸入。
                     ▼
2階ベランダ、3階ベランダ水きり付近のサイディングを全て取り外し、FRP防水層を
通常より高く立上げサイディングを施工し直す。

―― 竣工してから5年目、又、2階リビング天井から水漏れ発生。 ――
即、現場に向かい3階のサッシ廻りを枠から下地材等全て撤去。
                ⇒ 原因つかめず。
                     ▼
今日まで、サッシ自体の漏水検査、サイディング自体の漏水検査幾度かに渡り
調査を進めています。

住まい手様からは、厳しいお言葉も頂いております。
「建売ならともかく、中島工務店を信用して仕事を依頼した。50年、100年
長くもつ住宅を建てたくて・・・」

サッシ廻りの下地材を解体中、材料は真っ黒。ぼそぼそになって腐っていました。
そのままにしておけば、50年どころか、10年~20年の間には柱まで腐り建物
本体も危ないところでした。

とても申し訳なく、誤っても誤りきれない。申し訳ないでは済まされない。
精力を上げて対応していきます。

こんな状況で一つ救いなのは、住まい手様から
「今井さんは直ぐ飛んで来てくれる。信頼していますよ」

とても心打たれるお言葉です。それを裏切らない為にも早く原因をつかみ
改善していきます。
状況報告は又、後日、致します。

                                大阪彩都営業所 今井清隆









                  
             
[PR]
by npskobe | 2006-06-30 18:23
梅雨空にて
平成18年6月29日(木)
梅雨空の近頃、ニュースでは沖縄のマンションや、九州での大雨による被害が報道されています。
当社では、自社物件や他社で建てた(今はなくなった工務店)建物の雨漏り情報数件が寄せられています。それらを点検している中で、お客様は間違った認識をしていることを実感しました。

たとえば 屋根
お客様は、厳しい雨・風・紫外線等から家を守るため耐久性と防水性を兼ねそなえた瓦などの 屋根仕上げ材が家を雨から守ってくれていると思っています。
雨は、強い風によって必ず屋根仕上げ材の裏にまわります。水を止めるのは下地である防水紙(ルーフィング)と捨て板金です。これらの施工の良否が防水を左右します。特に、水の集まる谷樋や屋根と壁の取り合い部分。またひさしの出ていない軒先部分等が要注意です。

たとえば 外壁
お客様は、外壁仕上げ(サイディング・左官)で水は止まると考えます。
サイディングは、継ぎ目から水は入ります。コーキングは経年変化で劣化してひび割れややせてサイディングと剥離したりします。左官仕上げは水を吸います。
水を止めるのは、下地である防水シート(ルーフィング)です。防水シートの継ぎ目を防水テープで止めつける。アルミサッシと防水シートをブチルテープ(両面)で密着させる。屋根取り合い部分は水切板金の上にかぶせて止めつける。

どちらも、仕上がってしまうと見えない部分ですし、あとからはやり直せない部分です。

いったん、雨漏りすると原因を究明するのも難しいですし、水を止めるのも苦労します。
根本的に改善するのも難しく大変です。
過去の事例に学び、家づくりにはあってはならない雨漏りと考え、慎重に施工管理していきたいと考えています。

                                      江崎 登夫
[PR]
by npskobe | 2006-06-29 23:03
杉合板
平成18年6月28日(水)

今日は久しぶりに、自邸の現場について報告したいと思います。

敷地に1.2mくらいの高低差がある為、今回の設計では基礎の立ち上がりが

通常より高く1.4mとなり、けっこう基礎の仕上げも見えてくると言うことで

化粧コンパネ
を使って型枠を組もうと手配をしたのですが、

本社の方で、消防署の仕事をしており、いつも型枠材を置いている当社の

機材センターには在庫がなくなってしまっていました。

そこで、大工さんと「どうしようか?・・・」と相談しているうちに

杉合板を使ってみようと言うことになりました。(まあ、失敗しても自邸なんで・・・・)

杉合板は、水分を含みやすいので予め薄利材を充分に塗布していただき

型枠を組んでもらいました。
f0073301_2251438.jpg木目がきれいに出てくれるといいのになーと願って型枠を組んだそうです。

f0073301_22532629.jpg予想よりは木目が出なかったのですが、節のところが何ともいえない表情を造りだしています。
と言うわけで、これからはちょっと変わったコンクリート打ち放しを提案できると思います。
何事も、色々試してみないと判らないものです。この現場では普段出来ないようなことをこれからも試してみようと思います。
                                         鷲見昌己
[PR]
by npskobe | 2006-06-28 23:03
茅下ろし
先週、竹林寺という現場で茅下ろしを経験しました。8人くらいが横一列にならんで順番に上から茅を下ろしてくるのですけれども、ほこりがすごくて大変でした。防塵マスクをしていても茅のほこりがマスクの中に入ってくるみたいで、鼻の中も真っ黒になります。特に昔の台所があった辺りは、茅も木もすすだらけです。茅の撤去した後には、竹で下地組がしてありました。竹は煙でいぶされて真っ黒でしたが、それをきれいにとってみると、その下からはとても美しい、赤みとつやのある竹がでてきます。何年もかけて煙にいぶされたことで、このような価値のある綺麗な竹になると茅葺師さんの一人に教えてもらいました。この現場ではまたその材料を使いますけれども、このようないぶされた竹は綺麗に磨かれて、いろいろな場所や物に使われるとも教えてもらいました。→この製品もひとつの例です。改修工事が進むごとに、新しい発見がたくさんあります。                                               鳴海 剛史
[PR]
by npskobe | 2006-06-27 20:46
電気の話
2006年6月26日                                               
以前、自宅を新築されたお客様より「キッチンの蛍光灯がチカチカするのですが」と
相談を受け、点検に伺った事があります。原因はインバータ照明器具で無かった事でした。

そこで、インバータについて少し書いてみます。
インバータ照明器具とは電力会社から送電される60Hz(50Hz)の周波数の電気を
2万Hz程度に変換するための回路(インバータ回路)が内臓された照明器具の事です。
これによって効率があがり、明るさアップ又は省エネが計られます。

周波数とは1秒間に振幅する波の数の事で、60Hzなら1秒間に60回振幅します。
これは発電所のタービンが回転する事によって起こります。
そして、この波が少ないと蛍光灯のチラツキの原因となります。

20年程前から家電に応用されてきたインバータは照明器具・冷蔵庫・エアコンなどに     
使われ地球温暖化防止に貢献しています。
街ではエレベータ・電車などの輸送機に、工場ではモータの速度制御に使われています。

このインバータの技術は、実は以前から使われていたものが、後に応用されたものです。
今は効率や速度制御に使われますが、以前は直交変換に用いられていました。
ある周波数の交流から別の周波数の交流に直接変換する事は不可能です。
そこで交流を一度直流にし、再び交流に変換する装置が必要となりました。
この直流を交流にする装置をインバータといい、逆をコンバータといいます。
このコンバータ回路はとても単純であり、身近では電話機やCDラジカセ・携帯電話の      充電器のプラグ(コンセントに差す所でちょっと大きくなっている所)がコンバータ部であり、
交流を直流に変換しています。
送電の分野では以前から使われており、直流送電が行われています。
また、日本列島の送電線は個々の電力会社同士がつながっており、周波数の違う        東日本と西日本の連絡部にもインバータは使われております。
そういえば、今はインバータ製品が増えたので大丈夫ですが、例えば、二昔前に
大阪から東京に引越しする場合には、周波数が合わないために電気製品を
買い替えなければいけませんでした。

だらだらとまとまりの無いブログになりました。専門的な事は解りませんが、
何か役に立つ事が書けると良いのですが、・・・・
少しでもましな(方言?)仕事が出来るよう日々努力していくつもりです.

                                藤木電工社     藤木 健
[PR]
by npskobe | 2006-06-27 03:49
自然素材
2006.06.24


梅雨入りした今日この頃。

天気予報では、ずーっと雨マークだった様な気がしたのですが

今日はかなり良い天気。

のんびり寝坊してしまった私は、洗濯するタイミングを逃しました・・・。


余談はさておき、今回は何を書こうかと考えていたのですが

神戸支店事務所の改装工事で使った自然素材の塗料について

書こうかと思います。


まずは、柿渋ペイントです。f0073301_161154.jpg

柿渋を、外部や水回りでも使える様に加工したものです。
塗る時は、独特な臭いがしますが、優しい色合いに仕上がります。


そして、こちらの桐油。
f0073301_1683943.jpg
今回、初めて使用しました。
洗面所のカウンターと浴室の木製建具の枠に、防水の為塗っています。



株式会社トミヤマ様のHPにて、

柿渋の効果や製造過程などを見る事ができます。

他にも、いろんな自然素材の塗料を扱ってみえますので

まだ使ったことのない塗料をする機会があったら

使用感などお伝えしていきたいな。と思っています。

                                           今井 直子
[PR]
by npskobe | 2006-06-24 16:37
ようやく梅雨入り
~平成18年6月23日(金)~

最近やっと梅雨入りしたようで雨の日のジトッとした天気が続いています。
梅雨の時期になると外仕事の職人さんは仕事にならないこと、また工程がずれこみ、予
定の仕事が詰まってきて突貫になってしまったりなんてこともあるのではないでしょうか。

最近私たちは毎週の会議で勉強会なるものを行っており、班に別れ、それぞれのテーマ
を決め、調査・研究し発表するというものを行っています。

そこで私の班は工程管理がテーマとなりました。工程管理ときいて大事だという漠然とし
た考えはありましたが、実際なぜ大切なのか、守れないとどうゆうデメリットがあるか、守
るためにどうゆう方法があるか、まで考えたことがあるませんでした。

工程管理は工期を守るのに必要で、工期はお客様との契約で、守るべきものです。これ
は信用にもつながります。またそれぞれの工種の工程が守られないと、工事が突貫にな
ったりまた余裕を見すぎると、仮設材などの維持費などロスもでてきます。また今の時期
のように天気に左右されることもあります。また工事の手順・方法・材料の納期も影響しま
す。

今回の勉強会を期に工程管理を勉強し直し、工程管理の徹底・また柔軟な工程管理の
方法を学んで生きたいと思います。
[PR]
by npskobe | 2006-06-23 16:30
イベントで
先日の神戸支店『日曜大工ひろば』で、お客様からうれしい一言を頂きました。

お言葉を頂いたお客様は、当社のOB施主様のお隣様でした。

その一言は、「今度の家は、中島工務店さんに建ててもらいたい。だから、中島工務店

さんとは仲良くしておかないと・・・」でした。

仕事をさせて頂く身である私たちが、お客様を思い大切にすることは至極当然のこと。

私たちが、どんなに大切に思っていてもその思いの届かないことが多いこのご時勢で、

お客様から望まれるなんて・・・(どんなにすばらしい仕事だったのでしょうか)

先日あるTV番組に、飛ぶ鳥を落とす勢いの『パワービルダー』の社長様が出演されて

いました。そのお話を聞いていて「なるほど」とも思い、また「???」とも思いました。

「効率」を追求するあまり、大切な日本の良さを失ってきたように思える昨今ですが、

「日本の良さ」を忘れずに仕事を続けていけたらと思います。 小川宏司
[PR]
by npskobe | 2006-06-22 20:02 | その他
ほうれんそうは大切です
~平成18年6月7日 水曜日~

今はとある現場の外構工事に入っていますが、失敗してしまいました。

昨日テラス部分に土を埋め戻す為に、重機で掘削をしていたのですが、

設備屋さんが施工した配管を割ってしまいました。

もちろん直ぐに監督さんに報告し、次に設備屋さんが現場に来られた時に

直して貰うように手配をお願いはしていたのですが、今日設備屋さんが

現場に来られたのです。

本来はもう少し後に来られる予定でしたが、他の現場が早く終わったので、

こちらに廻られたとのこと。

人任せで無く、自分で昨日の内に連絡しておけば、材料を持ってきて頂いて

すぐに直せたのに、連絡が遅れたために、手持ちの材料が少し足りなかったようです。

よくいわれる

ほう(報告)れん(連絡)そう(相談)は、早くすることに越したことはないですね。

家を建てられる皆さんも、「ほう」「れん」は、あまり無いかもしれませんが、

「そう」は早い目に気軽に監督さんにされた方が良いと思います。

(因みに、私が壊した部分は、工事に変更がありやり直す必要がある箇所だったそうです)

f0073301_0101730.jpg


パイル基工㈲ 紙田
[PR]
by npskobe | 2006-06-21 23:51 | その他
第四回 家づくり寺子屋
2006.6.20

6月9日に開幕したW杯で、寝不足の日々を送られている方も多いと思いますが、
この週末は、是非 彩都のモデルハウスへ。

25日() am10:00からは、彩都木想館で毎月恒例の日曜市が行われます。

今回は、東濃ひのきのふるさと 加子母 から特産品がやってきます。

f0073301_1141975.jpgf0073301_11413727.jpg

そして、同じく25日()のpm2:00からは、

彩都S邸をお借りして行われている、第四回 家づくり寺子屋 も開催されます。

今回は、
* 完成間直の建物の内装工事を見学(仕上がり状況をチェック)
* 木の住まいのメンテナンス方法 実演&体験
* 暑い夏でも暑くない!! IHクッキングヒーター調理体験会
 

など、もりだくさんの内容でお待ちしております。   

天候が少し不安定な時期ですが、家づくりと一緒に加子母の特産品も楽しめる!!
この機会に、是非 彩都モデルハウスへ足をお運び下さい。

皆様のご来場をお待ちしております。                松井 久美
[PR]
by npskobe | 2006-06-20 12:06 | 彩都-S邸-