<   2006年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧
神戸探索
平成18年4月30日

今日は天気もよく初めて神戸の町へくりだしました。

しかし出だしから失敗。駅が解からずに鈴蘭台の住宅街を右往左往。

天気もよく散歩がてらゆっくり駅を探しました。

住宅街は庭も小さく建物がひしめき合って立ち並んでいました。建物を見ながら

中島の建物はどの建物にも負けてないなと改めて感じます。最近では○○ホーム

など安くて規格化された建物が増えてきていますが、反対に違法建築物事件など

から本物の家も見直されてくるに違いありません。そんなお客様の声に答え、自分

自身がんばっていきたいと思います。

で話を戻しますが今日は三宮へ行って映画を見てきました。久しぶりにゆっくり見

ようと思っていましたが、また迷子…方向音痴な私、下調べの大切さを改めて痛感。

で探しに探して無事見ることが出来ました。見たのは「ニューワールド」という映画

ですが私的には、中途半端で感じいまいちでした。人それぞれかもしれませんので

悪しからず。それから少しぶらっとして帰りました。今日はとにかく歩きまわり疲れた

というのが感想です。現場もいろんな所へ行くことになると思うので早くなれて行きた

いと思います。

                                            水谷  悦久
[PR]
by npskobe | 2006-04-30 21:54
究極の家
平成18年4月29日(土)

先日、新聞のコラムに「究極の家」と題して、書かれていました。物のあふれた時代、シンプルライフをいかに作っていくかという内容でした。しかし、シンプルライフという言葉は目新しいものでなく、数年前からあったように思います。

その中で、鴨長明、フランスの建築家ル・コルビュジェの住まいが紹介されています。彼らに共通する理想、または、究極の家は、いずれも5帖以下の住まいでした。精神文化とも言えるのか、日本の茶室、「わび、さび」に通じるのものがあります。

私共が住宅を竣工時に完成写真を撮る場合がよくあります。竣工間もない住居は一切の家具は入っていません。それが生活するにしたがって、物があふれるようになることがしばしばあります。                                                        
                                                          鴨長明のような極小の住宅生活は、とても無理としても、必要なものだけで生活するシンプルライフも今の現代、一考の価値があるのではと思います。

                                           丸子 健士
[PR]
by npskobe | 2006-04-29 20:20
材料検査
-平成18年4月27日(木)-


こんにちは。


ここの所 「頻繁にブログを書いているような・・・・・ん!?書き過ぎているんでは?」


という心の叫びを聞きながら、今夜もせっせとブログを書いてみます。


先週の金曜日(21日)に私の番!?に書いた材料検査の報告を致します。


22日(土)の夕方、加子母村に到着。


加子母にある、お好み焼き・もんじゃ焼き・鉄板焼きのお店「るるぶ」で晩御飯を


食べました。関西ではもんじゃ焼きを食べる事は少ないようで、皆さん興味津々で


初もんじゃに舌鼓を打ちました。


その後、自社の社長も合流してお施主様ご家族・鷲見支店長・私で温泉に入りに


行きました。山荘に帰ると気温も少し下がってきていたので囲炉裏に火をいれて


お施主様ご夫婦・支店長・私で加子母の漬物をつまみにシソ焼酎を飲みながら


色々な話をしました。話題は家作りの事だけではなく、お互いの家族の事、


恋人の事であったり、甥っ子の事と、とどまる事無く気が付けば深夜12時


でした。
f0073301_2336197.jpg


翌日の朝食は「朴葉寿司・漬物・味噌汁」
f0073301_23365831.jpg
朝食後、バンガロー村まで行って近くの谷沿いを散歩しました。

f0073301_23372645.jpg
その後、プレカット工場にてT棟構造材(梁材・柱材)を実際に見て触って頂いての検査
f0073301_23385146.jpg



検査後は、木の何でも市場・住宅センター(造作材加工工場)・産直市を見学して


免震装置「A-WOOD」体験ハウスにて震度7を体験。


昼食は「丸八食堂」にて「鶏ちゃん(けいちゃん)」を食べました。


食う事に必死で写真を撮り忘れてしまいました・・・面目ないです。
f0073301_23432070.jpg


食後は「大杉」を見に行きました。
f0073301_23433849.jpg


先週の日曜日はちょうど年に数回ある「いぶしん」(地域の大掃除の日)
にあたり大杉の廻りも掃除をしていました。


掃除をしていた地元の方々のご好意で「大杉」の根元まで行く事が出来ました。


今回の材料検査でお客さんに見て・触って・聞いていただいた事はまだまだありますが、


ざっと流れを紹介させて貰いました。


お施主さんには大変満足して頂き、


今年中に是非もう一度、お施主様のご両親を連れて加子母に行きたいと


言っていただけました。


お施主様のその言葉が、今後の仕事の励みになる事は言うまでもありません。


                                神戸支店   中島 創造
[PR]
by npskobe | 2006-04-27 00:30 | 大阪府-T邸-
ブログデビュー
平成18年4月26日
本日よりブログデビューすることになりました建築工房羅漢(らかん)一級建築士事務所の馬越(まごし)といいます。よろしくお願いいたします。
と言うことで、今日は、現場調査に芦屋の奥池に行ってきました。阪神方面の方はよくご存知とは思いますが、奥池といえば六甲山系のなかにある高級住宅地です。瀬戸内海国立公園内ということもあり、住宅地というより別荘地といった感じです。ある方よりプラン依頼を受け、今日こうやって現地に出向いてる訳ですが、実をいうと丁度もう一軒奥池で図面を描いているところで、不思議な縁を感じています。ふと考えると、御影山手でやった時も続けて御影山手の仕事が来て、明石の時も何の関連性もないのに続いたし、去年は、シタニさんの家のリフォームをしていると、シタニさんという方の設計図を描くこととなり、キさんの仕事がダメになるとキさんの仕事ももう一つ不調だし、と話がそれましたが、こういうのって不思議に続くのだなと感じます。と言うことでJR芦屋からバスで15分程の旅程ですが、つづら折りの登り道は花崗岩の岩山の間を縫うように走ります。右へ左へのカーブの連続とクラッチ板の焦げた匂いで少々気持ちが悪くなったころに奥池に着きました。バスが走り去るとそこはまさに別天地です。そう、神戸、芦屋は、ちょっと山の方へ行くとアッと間に自然で一杯になります。街中の騒音はそこを離れると気付くものだとつくづく感じられます。静けさの中に鳥のさえずりが聞こえる、そんな所です。確かにこういう環境にするためには、多くの作戦がありますが、なんといっても芦有道路という有料道路の存在だと思います。奥池に行くには、必ず芦有道路を通らなければならないのですが、有料のため交通量はとても少ないです。店舗なども全くないので、人影もほとんどみかけませんが、ハイキングコースとなっているのでリュックを背負った初老の男性とすれ違ったりはしました。ということで、今回は、奥池レポートとさせていただきました。
昨日でJR福知山線脱線事故から丁度1年、今日は耐震偽装の8人が逮捕と私たちが関わっている仕事とも無縁ではありません。もっと気を引き締めて仕事をしていこうと思います。
[PR]
by npskobe | 2006-04-26 15:28
山へおいでよ 元気な村へ
平成18年4月25日
20日・21日と免震A・WOODの説明会で加子母にいってきました。
入社してから6年になりますが、毎年「森と緑の見学会」や「かしもふるさとまつり」などでお客様を案内していきますが、いつも感心することは、役所の人や各施設の人、本社の人や子供たちが皆元気で積極的に村のアピールや応対をしてくれることです。
宿泊先のバンガロー村では,通称村長さんが地元の言葉で愛嬌をふりまき、朝早くから自慢の味噌汁をつくってくれます。
木造の小学校では子供たちが大きな声で「こんにちは」と挨拶をしてきます。
加子母で元気をもらってくるようです。少しくたびれますが・・・

今回,新たに興味を持ったのが,下の写真です
f0073301_155124.jpg直径10cmぐらいの木のなかをくりぬき、ひのきの小さな苗木を植えてあります。これを街の人に持って帰ってもらい2~3年育てていただき、再び村の山に元気に育ってね
つかった分だけ木を植えようね

と、自分で植えていただこうという運動です。
自分の木の故郷ができるようで楽しいと思います。

また、29日30日と

国民の森20周年記念事業 「森林へのいざない」

に参加するため加子母に行ってきます。
                                   江崎登夫
   
[PR]
by npskobe | 2006-04-25 20:16 | 加子母
季節外れの雪
平成18年4月24日(月)                                鷲見昌己

今井所長大変申し訳ありません。
今回もブログを止めた犯人は私です。1日は気が付いて創造君に急きょお願いしたんですがその後はすっかり忘れていました。以後気をつけます。

先週の木曜日から昨日まで加子母に帰っていました。
免震A-WOOD説明会・T邸材料検査等相変わらずバタバタした日々でした。
加子母は桜が満開でした。ところが、金曜日の朝起きるとなんと雪降りでとても珍しい風景を見ることが出来お客さんも季節外れの雪に「加子母に来てよかった」と満足していただけました。
加子母に訪れていただくと何かを必ず得ていただくことが出来ます。皆さん是非1度加子母を訪れてみてください。

f0073301_17392566.jpg
f0073301_1825392.jpg間伐の行き届いた梅田良作さんの山です。ご覧の通りすごい雪降りでした。この厳しい気候が良質な東濃ひのきを造り出します。





                                                         

明日は江崎部長の順番ですよ。A-WOOD説明会は如 何でしたでしょうか?


番外編

マスクをしてちょっと怪しげなお母さん、お父さんと違いきりっと締まった体の長男○○○くん、お父さんにそっくりの”くりっ”としたお目目のかわいい長女○○ちゃん、さてこの家族は誰の家族でしょうか?コメント待っています!!
f0073301_1555818.jpg
[PR]
by npskobe | 2006-04-24 18:48 | 加子母
気を付けましょう!
2006,04,23(日)

5人からはじまった、リレーブログのメンバーが今では、倍の10人になりました。
ここのところ、人数が多くなったせいか、順番がわからなくなっています。

皆、個性が強い人ばかりで、時には フライングしたり・・・

21日の金曜日、創造君はブログが止まらないように気を使って投稿してくれた
のかもわかりませんが、はたしてそうであるかはわかりません。

先週20日の木曜日、本社岐阜県加子母で名古屋安本支店長と話をしていて
「ブログ止まっているよ」と指摘を受けた事もありました。

何故、このようなことが起きるのか?

このブログでは、ネットdeミーティングのはずであるが、私も含め皆思いを書くのは
よい事だと思いますが、何か連携がうまく行っていない気がします。

先日、彩都S邸で住まい手と打ち合わせをした報告書を彩都営業所から
神戸支店の政人監督にFAXをしました。
数日後、政人さんと打ち合わせをしていた折、「そんなFAX見てないで」
と言われました。私はFAXしたので、それで伝わっているものと勝手に判断
していたのですが、現実は何も伝わっていなかったのです。

「報・連・相」 昔から大切にされている言葉ですがこのブログでは、これが
欠けていると思います。
「今日は、僕書いたので明日は○○さん頼むよ」電話一本で済みます。

仕事では、こういった事が無い様、皆 「気を付けましょう!」

明日、月曜日は支店長です。宜しくお願いします。

ここで順番の整理をしたいと思います。
月:支店長 → 火:江崎さん → 水:本来、清隆ですが今日投稿したので創造君
木:丸子君 → 金:松井さん → 土:水谷君 → 日:紙田さん
月:藤木さん→ 火:馬越先生 → 一巡

皆さん がんばりましょう!

それと、前の決め事の日付け 入れましょう!

こういった、わたしも、実はフライング・・・かな?

                                 大阪彩都営業所 今井清隆

 
[PR]
by npskobe | 2006-04-23 14:45
材料検査

-平成18年4月21日(金)-


こんにちは。


ここにきてやっと花粉症による体調不良が一段落してほっとしています。


明日・明後日と仕事で里帰りします。


私の担当になっている大阪府T邸の「材料検査」の為です。


「材料検査」とは、自社で建てる家の材料が、「東濃ひのき・長良杉」等の


国産材を使用しているかを、実際に現地に行って、目で見て確認して頂くという


お施主様参加型のイベントの一つです。


お施主様の都合がどうしてもつかなかったり、お施主様が何らかの理由で行けない


場合を除いて殆どの場合行わして頂いています。


また材料の検査だけではなく


お客様に、木材料が育つ「加子母村」の人・暮らし・産業を見て頂き、


その土地の特産物も味わって頂いて、


家作りだけではなく、田舎の良さも含めて満足して頂こうというものです。


 今回のプランでは


 ・プレカット工場にて材料検査

 ・自社免震装置体験ハウスを見学

 ・宿泊は「いろり」のある牧戸山荘にて宿泊

 ・加子母・飛騨地方の特産物「朴葉寿司・鶏ちゃん・漬物」等の食事

 ・現地の野菜・花の直売場にての買い物
 
 ・スケジュールに余裕があれば乙女渓谷の山登り


となっています。

 
 加子母への到着時間が明日の午後7時なので、山登りは出来ないかもしれませんが


楽しんで頂けるのではないかな・・・・と希望的推測をしている所です。


それよりも現地まで片道5時間程度の車中での私のマシンガントークで


疲れてしまわれないかが心配です笑


                               神戸支店   中島 創造


f0073301_17564314.jpg
牧戸山荘全景
f0073301_1757405.jpg

囲炉裏
f0073301_17581920.jpg
キッチン
[PR]
by npskobe | 2006-04-21 19:52
出会い・・・
-平成18年4月19日(水)-

初投稿です。

電気工事をやってます。

NPSの協力業者になって、早十年。

平成7年阪神・淡路大震災の年の暮れ、垂水住宅展示場に見学に行き、何軒目かの

家に入ると、なんと立派な木造建築!

これは予算オーバー?

でも見学はタダ。

それでは、『おじゃまします』。

WIFEは木の家に満足気。

子供たちはロフトで大はしゃぎ。

でも、何かが違う。

今まで見てきたハウスメーカーの営業MANはスーツ姿で、遠くからこちらの様子を

伺っていたはずだ。

何故、ここの会社は人が足らないのか?

スーツ姿は見当たらず、自分たちが毎日着ている作業服姿の人が

バイタリティーあふれた説明をしてくれるではないか。

一通り見学した後、名刺を頂く。

何とびっくり代表取締役!

『自分の家は自分で工事がやりたい』と伝えると、『自分の家は後でいいから先に、

工務店の仕事をしないか』と云う社長の言葉。

こういう経緯で仕事をさせてもらっています。

震災復興で忙しく休みも無かった頃、崖から落ち鎖骨を骨折。

入院1ヶ月の後、自宅療養中に仕事も出来ず、時間があったので家でも見に

行こうかと思い、展示場に行った時の出来事でした。

これこそ縁という事なのでしょうか。

これからも家作りを通して出会いを大切にして行こうと思います。

藤木電工社 藤木 健
[PR]
by npskobe | 2006-04-20 01:20
二度目です。基礎屋です。
平成18年4月18日 火曜日


T邸は順調に工事が進んでいます。

先日は鉄筋工事を施工いたしました。

皆さんご存知の通り、鉄筋は「棒」です。

その「棒」を置いていくだけではありません。

結束線をハッカーで留めていきます。

ハッカーというとパソコンに悪い事をする人と同じ名前ですが、

同音異義です。

だいたい自分のところで施工しますが、時々専門の鉄筋屋さん

手伝っていただくこともあります。


鉄筋はいつもこちらでお世話になっています。

様々なホームページがありますが、

たまにはこういった変わったページも覗いて見て下さい。

パイル基工(有) 紙田

f0073301_6545183.jpg

[PR]
by npskobe | 2006-04-19 06:59 | 大阪府-T邸-