カテゴリ:社寺部( 3 )
豊川稲荷大祭
 投稿遅くなりましたが、
   11月22日 23日と豊川稲荷大祭がありました。
   工事をさせて頂いた経緯もあり、大祭の準備と片付け等に
   中島千秋部長 西田さんと行ってきました。


f0073301_749714.jpg

     
大提灯の屋根、提灯本体 すべて人力でやりました、
 こんな電動でやれば楽なのにと思いましたが、人力でやっている所もお客さんが見て
 写真を撮りしていました。
 なるほど。人力でやる事に意味があると思いました。
f0073301_7512635.jpg

f0073301_752987.jpg

f0073301_7524578.jpg

f0073301_7532885.jpg


 夕方になり提灯に灯入れをしました。一般の方々にローソクを渡し、一本一本灯を提灯へ入れて行きました

 
 残念だったのは、風が強く、危険と言う事で回り提灯の灯入れは中止となりました。
 聞けば、全部で365個の提灯がぶら下っており、灯入れは大変だが、灯が入ると綺麗であるとの事
f0073301_754566.jpg


 神輿担ぎは自衛隊の方と地元の商工会や銀行の方たちのよる神輿担ぎ
 22日は平日ともあってちょっと人でも少なかったですが、23日ほ祝日でもあり多くの人で賑わって
 いました。
f0073301_757795.jpg

f0073301_7575462.jpg

f0073301_7595093.jpg

 
[PR]
by npskobe | 2016-11-28 08:00 | 社寺部
虎渓山永保寺から春をお届けします。
f0073301_16575279.jpg いつの間にか冬もどっかいっちゃいましたねぇ。
 GW明けから本格的に建て方が始まるので、足場を架けました。

f0073301_1762166.jpg
 


 4/13の立柱式があるので(既に終わってます)用材を搬入しました。
 まいどおなじみの島崎健二さんは、朝からこの笑顔


f0073301_17131232.jpg 所変わって、境内に隣接する虎渓公園は桜の時期になると出店もあり、終日花見客で賑わいます。 
 写真の上部に見える白い像は、多治見市の戦没者や全ての物故者を慰霊し、世界平和と人類の幸福を祈念して建立された平和観音像です。


f0073301_17223091.jpg
 虎渓公園から境内へは、”古禅林”と呼ばれるかなりの急坂を下ります。
 
 開創:夢窓疎石が坐禅を行ったといわれる岩や、庫裡の庇の桧皮葺に使用するため皮を剥がれた桧、石仏像等があり、数百メートルの道のりに歴史やドラマが潜んでいます。


f0073301_17484135.jpg
 
 境内の南には土岐川が流れています。
 時に大水により氾濫して、境内を水浸しするそうです。


 永保寺では坐禅会やお茶会が開かれていますし、林間学校などもあります。興味のある方はお問い合わせ下さい。
 また、お寺に来る機会があれば、現場事務所に寄ってください。栗原さんと二人でひきこもり気味な西田でした。
[PR]
by npskobe | 2009-04-15 18:08 | 社寺部
虎渓山永保寺
2008.11.22(土)

驚きのあまり割り込ませてもらいます

11月も二度目の三連休が訪れました(巷では)。工事着工後、初めての紅葉シーズンを迎えましたが、観光客の多さに驚愕しました。
f0073301_16242543.jpg

f0073301_16375350.jpg


先日OPENした【永保寺再建工事資料室】も大盛況です。栗原さんと展示品を試行錯誤して作ったお陰か、連日、飛ぶようにパンフレットが減っているので、仕事の話が少しでもあればと期待しています。
f0073301_16383743.jpg


現在、【本堂・大玄関再建工事】は基礎工事のラストスパートをかけています。【名勝庭園保存修理工事】の方は、無際橋解体修理工事の真っ最中(平成21年4月末日竣工予定)のためご覧のように素屋根が架かっています。観光客の皆様からは、「この橋を観に来たのに残念!」とのブーイングを受けます。おまけに、池の水も無いときたら残念がるのもしょうがないですね。「この風景を観れるのも数十年に1回ですよ」と説得しています。
f0073301_16465956.jpg



紅葉も素晴らしいですが、雪化粧や桜の季節も見物ですので、時間があれば是非観光に来てください。

                    永保寺再建工事・名勝庭園保存修理工事作業所 西田潤
[PR]
by npskobe | 2008-11-22 16:54 | 社寺部