無限のモザイクアート
4月も半ばを過ぎ、外に出るのが心地よい季節になってきました。
桜は見頃を終えましたが、季節の花々が次々と咲いて、
明るい気持ちになります。

TOKYOSYTLEモデルハウスでは現在、
岩橋格さんのモザイク写真の展示会を開催しています。
一見、よくあるモザイク写真と同じに見えますが、よくよく見ると、
果物や野菜、季節の花や人がモチーフになっていて、それを着物や帯に
装飾しており、ユニークで驚かされます。
f0073301_13593946.jpg
人をモチーフにした作品、通称「ヒトマンダラ」は岩橋さんの作品の前に立つ
人々が被写体になっていて、その背面にはヒトマンダラの作品があり、
またその先にも作品があるという無限に続くモザイクアートに、
時の流れやつながりを感じるとともに不思議な気分になります。
f0073301_13593652.jpg
f0073301_13595358.jpg
f0073301_14000179.jpg

モザイク写真は見る角度や焦点を変えることで、全く別のものが見えてくる
という、ものには様々な見方があることを教えてくれます。
見れば見るほど、不思議な感覚を体験できます。

展示会は4月23日(日)まで開催しています。

「写真による万華鏡の世界」
 =WA-TA-SHI TO WA =
2017年4月15日-4月23日
10:00-18:00(水曜定休)
※最終日は16:00まで
※入場無料


ぜひお立ち寄りください。

東京支店 渡瀬



[PR]
by npskobe | 2017-04-18 14:03 | 東京支店
彩都やまもり・大阪支店の春 >>