朴葉寿し大好き

 先日、家内のお母さんが

 朴葉寿しを作るというので、

 その日の夕食は

 「朴葉寿しだよ」という事になった。

 おっ、とうとうこの日がきたか。

 お母さんは、一度に大量の朴葉寿しを作る。

 朝からせっせと作り、

 近くの身内から、遠くの身内へと送る。

 そんな愛情のこもった朴葉寿しが、

 今年も食べられる日が来た。

 葉っぱに一つ一つ入っている特別感

 がなんとも言えない。

 この時期にだけ届く限定感。

 葉っぱを開けた時の幸福感。

 作っている時の様子が目に浮かぶ。

 「おいしかったー」

 お母さん 又、作ってちょーだい。

 今度は、何個食べようかなー。

 食いしん坊 万歳!!

 
f0073301_2142557.jpg


              鉄工センター  今井 一司(かずし)
 
[PR]
by npskobe | 2013-05-26 21:47 | 鉄工センター
<< 御厩野子ども会 サツマイモ植え 緑のカーテン >>