クリスマスチェンバロコンサート開催します!
いよいよ12月に入り、年末に向けて慌ただしくなってきました。
東京はここのところポカポカ陽気で、12月とは思えない暖かさです。

さて、そんな12月の始まりですが、今年を締めくくる一大イベントとして、
TOKYOSTYLEではチェンバロコンサートを開催致します。

みなさん、チェンバロってどんな楽器かご存知ですか?

チェンバロは14世紀頃に誕生した古楽器で、鍵盤があり、その見た目から
ピアノの祖先とも言われていますが、実際は爪で弦を弾くことで音が出る
撥弦楽器のひとつで、ギターと同じ仲間になります。

格式高く優雅な音色が特徴で、ひとつひとつきらびやかに装飾されており、
奥ゆかしさを感じる楽器です。

私は今年入社するまで知りませんでしたが、本社のある加子母には
手づくりでチェンバロを作り、全国各地で演奏活動をされている
古楽器奏者のharuさんという方がいらしゃいます。

今回、クリスマスに合わせ、東京のモデルハウスTOKYOSTYLEで
haruさんにコンサートを開催していただくことになりました。

小さなお子様連れにもお楽しみいただける内容となっております。
この機会に、ぜひ生のチェンバロとharuさんのクリスマスのお話を聴きに
いらしてください。


日時:2016年12月18日(日) 14:00~15:30(13:30開場)
場所:㈱中島工務店 TOKYOSTYLEモデルハウス
    江東区新木場1-6-25
定員:30名 先着順(乳幼児可)
料金:小学生以下 無料、中学生以上 500円
お申込み:㈱中島工務店 TOKYOSTYLEモデルハウス
     TEL 03-3522-0333

f0073301_1346461.jpg


12月17日に小学生以上が対象の公演も開催致します。
会社HPイベント情報よりご覧ください。


東京支店 渡瀬景子
[PR]
# by npskobe | 2016-12-05 13:55 | 東京支店
豊川稲荷大祭
 投稿遅くなりましたが、
   11月22日 23日と豊川稲荷大祭がありました。
   工事をさせて頂いた経緯もあり、大祭の準備と片付け等に
   中島千秋部長 西田さんと行ってきました。


f0073301_749714.jpg

     
大提灯の屋根、提灯本体 すべて人力でやりました、
 こんな電動でやれば楽なのにと思いましたが、人力でやっている所もお客さんが見て
 写真を撮りしていました。
 なるほど。人力でやる事に意味があると思いました。
f0073301_7512635.jpg

f0073301_752987.jpg

f0073301_7524578.jpg

f0073301_7532885.jpg


 夕方になり提灯に灯入れをしました。一般の方々にローソクを渡し、一本一本灯を提灯へ入れて行きました

 
 残念だったのは、風が強く、危険と言う事で回り提灯の灯入れは中止となりました。
 聞けば、全部で365個の提灯がぶら下っており、灯入れは大変だが、灯が入ると綺麗であるとの事
f0073301_754566.jpg


 神輿担ぎは自衛隊の方と地元の商工会や銀行の方たちのよる神輿担ぎ
 22日は平日ともあってちょっと人でも少なかったですが、23日ほ祝日でもあり多くの人で賑わって
 いました。
f0073301_757795.jpg

f0073301_7575462.jpg

f0073301_7595093.jpg

 
[PR]
# by npskobe | 2016-11-28 08:00 | 社寺部
多摩産材 体験・取材ツアー
11/22、社員研修旅行の一環でウッドマイルズフォーラムの主催する
多摩産材 体験・取材ツアーに参加してきました。

中島工務店では主に東濃ひのきなど岐阜の地域材を使って家づくりを行っていますが、
今回ツアーで訪れる先は、東京の地域材の産地である奥多摩エリア。
原木市場に造林地、製材所、多摩産材を用いたモデルハウスを見学してきました。


まず最初に訪れたのは、都内で唯一の原木市場である多摩木材センター協同組合。
月2回行われる競りを前に、出荷者ごとに山になった原木が一面に並んでいます。

f0073301_13221446.jpg


地域の認証材・多摩産材の他に、今年の夏にはSGECやFSCの森林認証も取得、
認証材の扱いは年々増えており、注目が集まっていることが伺えます。
丸太中央の○に「多」の印が多摩産材の証。

f0073301_13193492.jpg


次にJR御岳駅近くの皆伐跡地を見学。花粉対策として10年前から行われている
事業で、スギ林を伐採、花粉の少ないスギ等への植え替えを行っています。
人の足で登るのも大変なくらいの急斜面で、他県よりも傾斜が大きいところが
東京の山の特徴で、手入れの苦労が伺えました。

f0073301_13195016.jpg


午後からは地域の製材所2カ所を見学。最初に訪れた日の出町の浜中材木店さんは
主に工務店向けの一般建築材の製材を行っています。自社でも材の伐採、搬出を
行っていたり、スギやヒノキの端材を使ってペレットを製造、直接販売も行っており、
事業は多岐に渡ります。

f0073301_13202019.jpg


次に訪れたのはあきる野市の中嶋材木店さん。こちらは公共施設の内装、外装材の
製材がメインで、特注品の製材を行っています。乾燥機は3基もあり、
木材が高く積まれたヤードはとても迫力がありました。

f0073301_13211249.jpg


そして今回のツアーでひそかに楽しみにしていたのが、モデルハウスの見学です。
100%多摩産材で作られた「環(たまき)の家」は、スギ、ヒノキを使って6年前に
建てられました。

6年も経つと建てて1年のTOKYOSTYLEとは色合いも大分異なり、照りが出て飴色に
落ち着いた感じになっていました。柱や梁には大工技が所々に見られ、
木で落ち着いた中にもダイナミズムさのある住まいでした。

f0073301_13204366.jpg


全国的に国産材利用の動きが活発になっていますが、地域ごとに特色があり、
抱える問題点や課題もそれぞれあることを知り、とても勉強になりました。
大消費地である東京を起点に、地域材への関心、利用がさらに増えていくことを
期待して、TOKYOSTYLEでもコツコツと情報発信していきたいと思います。

東京支店 渡瀬景子
[PR]
# by npskobe | 2016-11-27 13:30 | 東京支店
初めまして 新入社員 中島克司
先日の土曜会にてご挨拶しましたが
  新入社員の中島克司です。

このたび27年勤めました会社をこの5月に訳あって退職を致しました。
色々なご縁もあり、私も実家は加子母と言う事もあり、加子母人として
先月21日より中島工務店にお世話になる事にしました。

とにもかくにも、皆様にお世話になりますがよろしくお願いします。

簡単な自己紹介
   年齢 47歳の 申年 さそり座  AB型
   家族 妻 20歳の娘 16歳娘(高2) 14歳息子(中2) の5人
   現在の住まいは、実家加子母ではなく 福岡高山の千原住宅(19年居住)
   大工の川辺さんと同じ所

f0073301_1116035.jpg




f0073301_11164786.jpg
f0073301_11171369.jpg

[PR]
# by npskobe | 2016-11-07 11:19 | その他
筑波大学加子母ツアー2016 その③
3日目最終日は朝から快晴!社有林の大黒柱の森へと向かいます。

ここは、中島工務店で家を建てられたお施主さんが、次の世代のために
植林を行っている場所です。植えられてまだ年数の経っていない幼木が
一面に広がっています。実生のヒノキの新芽もあちらこちらに。
f0073301_11475275.jpg


次はプレカット工場、集成材工場へ。
プレカット工場では建て方に使われる構造材などが梱包され、
発送を今かと待っていました。

f0073301_129338.jpg

集成材工場は国内でも数少ない国産材で集成材を加工している工場です。
イメージ的に無垢材の方がいいものと思っていましたが、強度や価格、
デザイン性を取ってみると需要が増えているのも納得です。

次に重要文化財明治座を見学しました。
f0073301_11464082.jpg

昨年、屋根を創建当初の板葺き屋根へ改修したばかりの芝居小屋です。
板葺きは20年ごとに取り替えるということで、
20年後に向けて、榑板に名前を書いて寄付をしました。
f0073301_11463761.jpg


最後に加子母小学校へ。地域の木をふんだんに使った校舎で、
子どもたちがのびのびと学んでいました。
f0073301_11463438.jpg


この2泊3日の研修では山に生きる加子母の産業、歴史、文化に触れ、
たくさんの学びがありました。

なにより地域の結びつきや一体感を感じることができ、活気溢れる地域の取り組みを
東京でもしっかり発信していきたいと強く思いました。
研修にご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

東京支店 渡瀬
[PR]
# by npskobe | 2016-10-21 12:13 | 東京支店